(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2016年8月号(TSR 鈴鹿8耐への挑戦)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

この春、世界最高峰のオートバイの耐久レース「ル・マン24時間耐久ロードレース」で3位表彰台を獲得した地元チーム「TSR」。鈴鹿8耐に挑戦し続けるTSRのレースに密着しました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2016年9月号(SUPER GT 永井宏明選手)

8月に鈴鹿サーキットで開催された「SUPER GT SUZUKA 1000km」。この国内最高峰の自動車レースにトヨタプリウスで挑んだ、永井宏明選手(三重県菰野町出身)を紹介します。

レーシングスピリット 2016年7月号(いなべ福王ラリー)

公道で行われる自動車競技「ラリー」。6月に三重県いなべ市と菰野町で開催された「いなべ福王ラリー」を通して、大会を支えている地域のみなさんの活動とラリーの魅力に迫ります。

レーシングスピリット 2016年6月号(新アトラクション「サーキットチャレンジャー」)

この春新たに登場した、鈴鹿サーキット国際レーシングコースを走る乗り物「サーキットチャレンジャー」。新設計のゴーカートに込めた鈴鹿サーキットの思いに迫ります。

レーシングスピリット 2016年3月号(鈴鹿8耐の父・故藤井璋美氏追悼企画)

鈴鹿8耐を作った男、藤井璋美氏(レーシングチームTSR 名誉会長)が、昨年11月に亡くなりました。在りし日のインタビューを交え、藤井氏の功績を振り返ります。 また、TSRの最新情報もお伝えします。

レーシングスピリット 2018年5月号(鈴鹿モータースポーツ友の会)

モータースポーツを通じて社会貢献と地域活性化を目指す、NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会。レーシングドライバーによるシニア向けのドライビングレッスンや レーシングマシン同乗走行など、モータースポーツ都市宣言の街、鈴鹿市ならではのユニークな活動に迫ります。

レーシングスピリット 2016年12月号(ST600 伊藤レーシング)

全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦している地元チーム「伊藤レーシング」のチャンピオン争いに迫ります。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 福島東 対 高崎

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 木更津工業高等専門学校.

千葉県で唯一、国立高等専門学校の木更津高専。全員野球、一戦必勝の精神で練習に励み勝利を目指します。練習では、監督やコーチだけではなく、全国高専体育大会出場を狙う上級生も選手をサポートしています。また、長打力に頼らず小技でランナーを得点圏に起き、一点を確実に取りに行く野球で勝利をもぎとります。

福丸がゆく2018年4月23日放送 西宮市・夙川~苦楽園口

今回訪れたのは、ちょうど見ごろを迎え、 お花見客でにぎわっていた西宮市・夙川公園。 桜満開の中、老若男女、沢山の人と触れ合えました。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】住吉高等学校(川崎市中原区)

住吉高等学校(川崎市中原区) スローガン・意気込み「心革」

満天!ゆるりと下呂(12月放送)

日本三名泉の下呂温泉。ゆるりと心から温まる宿の紹介や旅人をおもてなす料理を毎月紹介します。下呂に来たら是非立ち寄って頂きたいオススメスポットも紹介します。

あなたにおすすめ

ボウリングアカデミー#14

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします。『フォーム拝見』のコーナーは1年前にも安嶋プロの指導を受けたボウリング歴3年6カ月10歳女性のフォームをチェックします。『安嶋プロのワンポイントレッスン』は視聴者からの質問について解説します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校 東京学館浦安高校

自分に厳しく常にチームのことを考え行動する今年の東京学館浦安高校野球部。 人数が少ないながらも3年生がキャプテンの高橋選手を中心に チームをまとめ下級生を引っ張ってきたチームです。 ひとつひとつの試合を大切に戦い優勝を目指します!

めざせ!甲子園2018 文教大学付属高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 文教大学付属高校のスローガン・意気込み: 絶対勝つぞ!! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】和光高等学校

公式戦で実力が発揮できる度胸の良さがあるチーム。先制すると勢いがある。昨年のメンバーが半数残り、昨年よりパワーアップした3年生引っ張る。エースを中心に有終の美を飾りたい。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明大明治高校

春夏合わせて7度の甲子園出場経験を持つ、古豪・明大明治高校。今年春の都大会では2回戦で、強豪・国士舘高校に敗れ、悔しい思いを味わいました。投手と捕手をこなす能登キャプテンを中心に、「凡事徹底」をスローガンに掲げ、自らを鍛えてきた選手たち。目標のべスト16進出に向けて闘志を燃やします。

ピックアップ

C053 守りたい

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 もう使われていなかったり、これから失いたくないものを撮りました。自分の思い出を守りたい。

昔。そして今。

東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 制作作品

高校球児の夏 福大大濠高校

夏の高校野球 福岡県大会の注目校をご紹介します。

ひがタン! 第4回

兵庫県東播磨県民局発 情報発信番組。地域の魅力を楽しく探検しながら再発見していきます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 芝浦工業大學柏高等学校

現在37人が所属する私立 芝浦工業大學柏高校野球部。今年のチームの特徴は守備面ではセンターラインを中心にミスをなくすよう徹底し、攻撃面では上位打線できっちり得点につなげていくことを目標に日々練習に励んでいます。去年の夏は初戦敗退でしたが今年は「覆せ」をスローガンに掲げ、選手個人の壁やチームの壁を覆し、悲願の4回戦進出を目指します。

犬旅 Daisuke & Sakura@Ogata-mura,Akita

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「犬旅 Daisuke & Sakura@Ogata-mura, Akita」です。ぜひご覧ください!

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立赤羽商業高等学校

都立赤羽商業野球部は、マネージャーを含め、9人。そのため、同じく部員数が少ない都立足立東高校との連合チームで今年の東東京大会に臨むことになりました。2校がともに練習を行う日は限られていますが、選手同士の連携は上々。総合力が高いチームになりました。持ち前の明るさを武器にこの夏を戦います。

うらら館林版 4月1日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、館林市の「日蓮宗 慈光山 大法院」と千代田町の「割烹 新田屋」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

おしえて!獅子舞テレビ

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第1回:佐加野(前編) ・高岡で一番○○が早い町内 ・獅子頭チェック ・佐加野の「レジェンド」 ・招待花のコーナー ・5分でわかる獅子舞講座「富山県って獅子舞が多いの?」

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。