(一社)日本ケーブルテレビ連盟

ええやん!!あかし

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

明石ケーブルテレビ:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ
「ええやん! ! あかし」は、その名のとおり明石の 「ええとこ」 にこだわり、地元情報を面白おかしく紹介することがモットー。地域を知り尽くした市民リポーターたちが、飾らない普段の言葉で 「わがまち自慢」 をしてくれることで、番組を見た市民が改めて地元明石に誇りを感じるきっかけとなっています。コミュニティづくりに一役買える番組として、これからも明石の魅力を発信していきたいと思います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

市民が創り上げた天下一

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 宮崎県北部の工業都市「延岡市」。企業城下町として発展してきた一方、城山公園をはじめ江戸時代以前からの歴史を感じられる町でもある。延岡では、旧藩時代から受け継がれる「天下一の能面」を活かし街づくりにとりくもうと、1997年から城山公園で薪能「のべおか天下一薪能」を上演してきた。市民ボランティアと能楽師の協働で創り上げられる舞台。城下町の歴史を体現するイベントとして2016年に開催20回を迎え、今年は屋外公演で記録のほとんどない能「道成寺」を上演した。また薪能は、次の世代への継承も始まっている。延岡の伝統文化として薪能を継承する姿や想いを伝える。 【審査員コメント】 延岡は室町時代から能に因があり天下一の面30点を残す。その延岡が20年前から始めた薪能。京都片山家10世、それに市民・学生が全力で参加、舞台や大道具の制作から舞や詠いに参加。能の大作道成寺を大雨の中で見事に成功。高感度の高い地域番組。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

eiga worldcup 2017 地域部門 紡ぐ

神奈川県立弥栄高等学校

住民パワーでふるさと創り 下郷沢活性化組合

上田ケーブルビジョン:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞 1 6 万人だった上田市の人口は、合併から1 0 年で5 千人余り減りました。そのようななか、市街地周辺部にある下郷沢区では人口がほとんど変わっていません. その秘密は活性化組合。番組では1 4 年前から始めた炭作りを中心に組合の活動を追い、住みやすいふるさとを創ろうと取り組む下郷沢の住民パワーの謎に迫ります。

eiga worldcup 2017 自由部門 punpunP

鹿児島県立松陽高等学校

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.3(2016年6月放送)

諸事情により2015年10月制作の『月刊あまチャンネルVol.29』を、隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.3(2016年6月放送分)としてリメイクした番組です。 タイトルは違っても番組のテイストは変わらないので、全く違和感は無いと思います。 明治の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、その著書「知られぬ日本の面影」の中で、ここで暮したいと書いた隠岐中ノ島(海士町)の菱浦には、ハーンと節夫人の銅像があります。 またその本の中で、日本で最も古く他のどこの地方とも違う美しいメロディの子守唄を菱浦で聴いた、と記しています。 番組では中ノ島菱浦でのハーンの軌跡と、最近再現されたハーンが聴いたとされる海士の子守唄の演奏もご覧いただきます! 番組後半はハーンが暮した松江と海士との縁結びリポートということで、番組ディレクターがノープランで松江ロケを慣行。 そこでなんと縁結びの奇跡が!

わがまちの風景【大阪市西淀川区御幣島】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

真っ赤なポピー

日本大学鶴ヶ丘高等学校 KIKIFILM 制作作品 音楽と、詩と、踊りの融合に重点をおいて作りました。ご鑑賞下さい。

どーでもネタ百科 第4回 加古川バイパスから見えるナゾの建物を調査!

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.27(2018年6月分)すすめ!アイランダース

今回は「すすめ!アイランダース」シリーズで、これから夏のレジャーシーズンに向けて、隠岐中ノ島(海士町)のアウトドアでの楽しみ方を自然・環境系アイランダーの2人に紹介してもらいます。 1本目は、島留学で本土からやってきた島前高校の女子寮生と一緒に海士町の海岸で天然の宝石を探します。 2本目は、この島に遊びに来た人が必ず訪れる島随一の観光スポット、そして隠岐ユネスコ世界ジオパーク屈指のジオサイトでもある明屋海岸を、カリスマ・ネイチャーガイドが徹底的にガイドします。

あなたにおすすめ

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

伊万里ケーブルテレビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 【番組の概要】  へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。 【審査員コメント】 ・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。 ・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。 ・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。 ・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。 ・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。  ・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。

なないろゆでたまご

BAN-BANネットワークス:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 「なないろゆでたまご」は、番組のコンセプトが 「予算ゼロ」 という実験的な番組で、いかに地域を巻き込むかアイデアを出しながら、毎月企画を変えて放送しています。ケーブルテレビでは珍しく、再放送なし生放送一度きりの30分番組。2015 年11 月放送分は、地元小学校で開催された、学校のオリジナルキャラクター総選挙の前日特番を制作しました。

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

運だもしたんパラダイス

BTV:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   『運だもしたんパラダイス』は、昨年8 月に始まった盆地限定バラエティ番組。タイトルになっている「うんだもしたん」とは、驚いたときに使う都城弁です。1 月放送の鹿児島県曽於市(そおし)の伝統行事「奇習 鬼追い」を紹介した回をエントリーしました。鬼追いは、曽於市にある「鬼追いの郷 深川」と呼ばれる小さな町で、1200 年以上続く伝統行事です。

ピックアップ

視聴者プレゼントヒーロー「チョーダイナー」#3~探れ!チョーダイナー変身の秘密前編~

大得寺貰(おおとくじ・もらう)は 正義の変身ヒーロー、「チョーダイナー」である。ベイコム視聴エリアの自由と平和を守るため、悪の秘密結社・ゴーストノイズと日夜戦い続けるのだ!「視聴者プレゼントヒーロー」である彼がチョーダイナーに変身する為には、「プレゼントエネルギー」のチャージが必要である。

高岡しっとる検定#15 美容検定

富山県高岡市に関するさまざまな話題を“検定クイズ”形式で取り上げます。 出演は、高岡市出身の津軽三味線芸人、中山孝志と安藤有希子。 ディープな高岡ネタ満載のトークバラエティです。

出会いふれあいそぞろ歩き27年1月 米子市寺町・立町編

米子の下町でもある寺町と立町。 歴史の話や、昔ながらの物や場所など たくさんの出会いがありそうです。

セナの週末トピックス 3ひなまつり篇

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。今回は、壱岐の商店街を歩き、季節の風景、ひなまつりを楽しむ街のおかあさん達に出会いました。雛人形やお雛様飾りにはいろんな人の想いが込められています。

C055 忘れてしまった故郷

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 4歳のころまで暮らしていた故郷僕はそのころのことをあまり覚えていません。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】明星高等学校

府中市栄町にある明星高等学校。 野球部員数は、1年生23人、2年生21人、3年生18人、マネージャー7人の、 あわせて69人です。 野球部の方針は文武両道。学校生活を含め、規律をきちんと守り 常に全力でプレーすることをモットーにしています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】安田学園高等学校

安田学園高等学校野球部は創部89年。千葉県鎌ケ谷市にあるグランドで練習をしています。2013年には、春の選抜高校野球大会で甲子園に初出場を果たし、今年も2度目の甲子園を目指します。 走・攻・守の3拍子が揃った今年の安田学園。打線の主軸を担うのは、渡部賢也選手です。 また投手陣もエースの森航洋選手を中心に充実したメンバーで大会に挑みます。 マネージャーもおむすびを作って選手たちをバックアップしています。 安田学園野球部は「今日一日のこと」、この学校創始者 安田善次郎のことばをモットーに、全力でプレーしています。

高校野球2018 東福岡高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

須坂市内の高校文化祭告知.MXF

ニュースウォーカーで放送したコーナー

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】上野学園高等学校

台東区東上野にある上野学園高校の硬式野球部は2007年に創部。 現在の部員数は55人で週に6日、茨城県つくば市にある専用グラウンドにバスで通い練習を重ねています。夏の大会は一昨年が2回戦敗退、去年は準々決勝に勝ち進みました。上野学園の特徴がスーパーブレイントレーニング、略してSBT。 メンタルトレーニングの一種で成信力、苦楽力、多喜力、という3つを合言葉に バス移動などで話し合いを行いプラス思考な状態で練習に臨んでいます。 スローガンは「レボリューション」チームの活躍によって地元を活性化させたいという思いも。精神力を磨き、粘り強い守備を武器に大会での更なる躍進を狙います。