(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2016年10月号(鈴鹿サンデーロードレース参戦 久保直諒選手)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

鈴鹿サンデーロードレースJP250クラスに参戦する久保直諒選手(三重県立稲生高等学校卒業)が再び登場。優勝争いをするほどに成長した久保選手のレースに迫ります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2016年11月号(トライアルライダー 小川友幸選手)

起伏に富んだ山肌や岩場をバイクで走破する競技「トライアル」。日本を代表するトップライダーとして、40歳を迎えた今も全日本選手権連覇をめざす小川友幸選手(三重県四日市市出身)の挑戦に迫ります。

レーシングスピリット 2016年9月号(SUPER GT 永井宏明選手)

8月に鈴鹿サーキットで開催された「SUPER GT SUZUKA 1000km」。この国内最高峰の自動車レースにトヨタプリウスで挑んだ、永井宏明選手(三重県菰野町出身)を紹介します。

レーシングスピリット 2016年8月号(TSR 鈴鹿8耐への挑戦)

この春、世界最高峰のオートバイの耐久レース「ル・マン24時間耐久ロードレース」で3位表彰台を獲得した地元チーム「TSR」。鈴鹿8耐に挑戦し続けるTSRのレースに密着しました。

レーシングスピリット 2017年1月号(窪田俊浩選手)

2016年スーパー耐久レースST5クラスの王者に輝いた、三重県鈴鹿市在住のレーシングドライバー窪田俊浩選手。今回は、鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿クラブマンレースのHonda FITによるレース参戦の模様を中心に紹介します。

レーシングスピリット 2015年4月号(2015年シーズン開幕特集)

三重県鈴鹿市を中心に活躍する、地元チーム地元選手の今年の見どころを特集します。過去に番組で取り上げたチーム、選手のその後も訪ねます。

レーシングスピリット 2016年12月号(ST600 伊藤レーシング)

全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦している地元チーム「伊藤レーシング」のチャンピオン争いに迫ります。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】渋谷教育学園渋谷高等学校

3年が2人で2年が中心のチームで人数も少ないので先輩、後輩関係なく何でもいいあえるチーム。しっかり練習してできることを発揮できるようにしたい。

記憶のカケラ

北海道旭川工業高等学校 KBS旭工放送局 制作作品 この作品は、自分が作りたっかたアクション映画です。森林や川沿い、公園などで行われるアクションに注目です。主人公が捕らわれたヒロインを助けるため、敵に向かう勇姿をご覧になってください。

J:COMpark 2017年2月後半号「天神橋筋商店街」後編

J:COMpark2月後半号は、 2月前半号に引き続き天神橋筋商店街をぶらり!! 2丁目からのスタートとなり、どこまで行けるのか不安でしたが・・・ 後半は、テンポよく次々とお店を周り、気がつけば天神橋6丁目まできてました!! さすが日本一長い商店街!! まだまだ色んなお店があるので、また数年後に!? 行ってみたいと思います♪ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

Y028 アスパラ=プリンセス(予告編)

國學院高等学校映画研究部 制作「人生は伊達じゃない。生きてればきっといいことがあるってね。」主人公の台詞です。今年の國學院高校映画研究部の映画『アスパラ=プリンセス』はあなたに少しの勇気と元気をくれます。渾身の一作。ご覧下さい!

おしえて!奈良医大05

奈良医大の先生に「知っておきたい病気のあれこれ」や「気になる体のあれこれ」について、わかりやすく教えていただく番組です。 今回は「ストレスからくる耳の病気 メニエール病」について伺います。

あなたにおすすめ

バンディブレーカーズ 第2回

加古川市を拠点に活動するサッカーチーム バンディオンセ加古川応援番組。 バンディオンセ加古川は、全国に9つある地域リーグの一つ「関西サッカーリーグ」に所属し、JFL昇格を目指しています。 番組では試合結果や選手の素顔などをご紹介しています!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立桐ヶ丘高等学校

都立桐ヶ丘高等学校の野球部は一戦必勝がモットー。葛飾区の農産高校と八丈島の八丈高校が1チームになった都立高校3校の合同チームで夏の大会に出場します。一生懸命にやることとチームワークが長所。

レーシングスピリット 2018年1月号(スーパーFJ M2エンジニアリング)

三重県鈴鹿市のレーシングガレージ、M2エンジニアリングに注目。名取鉄平選手を起用して挑んだ、スーパーFJ日本一決定戦に密着しました。名取選手は、今シーズン、鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラのスカラシップを獲得。将来が期待されるドライバーです。

レーシングスピリット 2016年7月号(いなべ福王ラリー)

公道で行われる自動車競技「ラリー」。6月に三重県いなべ市と菰野町で開催された「いなべ福王ラリー」を通して、大会を支えている地域のみなさんの活動とラリーの魅力に迫ります。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立浦安高校」

昨年、夏の大会では、3回戦敗退を喫した県立浦安高校。 部員数はマネージャー8人を含め総勢56人で、その半数を3年生が占め、固い結束力で、念願の甲子園出場を目指します。

ピックアップ

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立柏高等学校

千葉県立柏高校野球部は32人で構成。去年の夏の大会は4回戦へ進出したもののコールド負けという悔しい結果で終わったので、今年は去年以上に打撃と走塁は力を入れて練習に取り組みました。さらに夏に向けて守備を強化し4回戦突破を目標に日々練習に励んでいます。1年生からレギュラーを務めるキャプテンはチームの精神的支柱となり、またキャッチャーとしてプレーでもチームを引っ張ります。1戦1戦確実に勝利を目指して戦います。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】高島高等学校

板橋区・高島平にある都立高島高校・硬式野球部は、昭和49年に創部し、今年で42年目。 失点やエラーなど、守備に関して「0(ゼロ)」にこだわり練習に励む高島高校は、チームを率いて4年目の島監督のもと、甲子園出場を目指します。 チームのスローガンは、「一球の緊張感」。 練習は、試合本番の緊張感を意識しながら行われ、1球1球を大事にする精神を養っています。

まる○ひたち散歩「#9シーバーズカフェ」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「#9シーバーズカフェ」

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立沼南高柳高等学校

千葉県立沼南高柳高校野球部は55人で構成。去年の夏の大会は初戦で敗れてしまいましたが、今年は4人のピッチャーからなる守備と3年生中心の足を絡めた攻撃でまずは初戦突破を目指します。

Y060 two 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立杉並総合高等学校 三年有志 杉並総合高校で史上初となるこの大会への挑戦は、ミステリー作品です。有志ということで、かかる費用や予定は全て自分たちに降りかかる中で最高のものを作り上げました。「two」の意味を考えながらご覧ください。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「県立君津青葉高等学校」

美しい自然に囲まれたグランドで、のびのび練習する君津青葉高校野球部。力を合わせてチームワークで大会に臨みます。昨年創立百周年を迎え、新たな歴史がスタートした君津青葉高校。野球部も新監督を迎え夏の挑戦が始まります。「一球、一球に集中し今を大事に次に生かす」を合言葉に練習に励んでいます。

レーシングスピリット 2017年10月号(モトクロスライダー小島庸平選手)

2015年に全日本モトクロス選手権の最高峰クラスIA1で王者に輝いた、小島庸平選手(三重県鈴鹿市出身・在住)に密着。今季は怪我で欠場など苦しいシーズンを送るも、モトクロス界のリーダーとして積極的に取り組む姿をカメラが追いました。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2017年2月放送 Track37「おかゆ 初アルバム発売!」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2017年2月放送 Track37「おかゆ 初アルバム発売!」

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.74.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

なるほど!聞きコミテレビ#41野村校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第41回:野村校下 テーマ「最近気になっていること」