(株)秋田ケーブルテレビ

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 日本体育大学ラグビー部女子 対 東京フェニックスRC

提供元:(株)秋田ケーブルテレビ

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 RKUラグビー龍ケ崎GRACE 対 YOKOHAMA TKM

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 ARUKAS KUMAGAYA 対 北海道バーバリアンズディアナ

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 チャレンジチーム 対 北海道バーバリアンズディアナ

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 山本学院 対 我孫子

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 磐城 対 東京学館

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

秋田工業高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立秋田工業高校を紹介します。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 高山西 対 不動岡

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ニュースウォーカー1111放送「長野☆ガロンズいよいよリーグ開幕!」

11月11日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市を活動拠点とする男子バレーボールチーム「長野☆ガロンズ」を紹介します。VチャレンジリーグⅡがいよいよ開幕!今季の目標や注目選手は!?

ボウリングアカデミー#9

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします!「めざせ!ボウリングヒーロー」では今までボウリングの基礎を教わってきた曽根プロと対決!「ワンポイントレッスン」は視聴者からの質問に安嶋プロがお答えします!

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 米沢東 対 秋田南

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】山の温泉②

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。ナビゲーターは霧島ユニバーサルデザインフォーラムで霧島ジオガイドの西島昭治さん。妙見温泉や安楽温泉、塩浸温泉にいき、霧島山麓の温泉の魅力に迫ります。

あなたにおすすめ

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「県立生浜高校」

中央区塩田町にある生浜(おいはま)高校。 全日制のほかに、午前・午後・夜間の 3部からなる定時制課程を併置した 全国的にも珍しい形態で、 生徒一人一人の能力・適性を伸ばし, 社会に貢献できる生徒の育成を 目指す学校です。 生浜高校野球部には、現在、 マネージャーを合わせて34人が所属。 固い守備から試合のリズムを作っていく 生浜高校野球部。 辛抱強く繋いだチャンスをものにして ベスト16以上を目指します。

【完全版】2016高校球児の夏(荒川区、文京区、千代田区の球児たち)二松學舎大附属、日大豊山、錦城学園など15校たっぷり!

出演:我妻美月(オスカープロモーション) 紹介チーム 荒川区:開成、都立荒川工業 文京区:日大豊山、駒込、郁文館、獨協、京華、京華商業、筑波大附属 千代田区:二松學舎大附属、錦城学園、正則学園、東洋、都立日比谷、区立九段中等教育学校 THE青春!なOP映像にも注目!

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 東京フェニックスRC 対 北海道バーバリアンズディアナ

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 東海大札幌 対 佐野日大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立立川高等学校

定時制を併設しているため、約1時間半という限られた練習時間ながら、密度の濃い練習に励んできた立川高校。強力打線で「立高旋風」を起こせるか?

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京成徳大学高等学校

今年の春は都大会に出場し1回戦敗退となった成徳大学高等学校。昨年の経験者も多く試合運びを理解できる選手が多い。キャプテンを勤める双子の兄とその弟が外野の両翼を守り、事な場面でみせる”攻める守備”が特徴です。今年の夏は本気で甲子園出場を狙います。

出会いふれあいそぞろ歩き27年2月 大山町 御来屋編

昔ながらの漁師町の景観が今も残る御来屋地区。古くからの場所、文化などを出会いを通して紹介します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田 対 千葉明徳

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

なるほど!方谷伝【第一巻】(じもテレ)

山田方谷(1805-1877)幕末の備中松山藩の藩政改革や教育に尽くした偉大な功績から「備中の聖人」と呼ばれる人物です。混迷の時代に借金10万両と転覆寸前だった藩の財政を、わずか8年で蓄財10万両へと導き、藩のみならず、領民の暮らしを守りました。その名声は高く、歴史の偉人たちに影響を与えていたにも関わらず、その業績を知る人は今はわずかです。番組では山田方谷の生い立ちや業績に注目しお伝えしていきます。

C045 私の町

福岡県立修猷館高等学校映画制作部 制作 現在、都市化が進み、故郷と呼べる場所は、昔のような自然あふれる所とは変化しています。しかし、自分が生まれ、育ち、毎日を過ごしてきた大好きな場所が、自分自身の故郷なのだということを伝えようと作りました。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 明豊 対 釜石

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

UP!アップ!関ガール シーズン2vol59

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

佐倉が生んだ女子教育の先駆者 佐藤志津~女子美術大学の再興とその精神~

広域高速ネット296:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 子が美術教育を受ける事ができる唯一の学校として1901年に開校した私立女子美術学校。後に女子美術大学となり、これまでに数多くの芸術家や著名人を送り出してきました。開校後わずか半年、経営難で廃校の危機に立たされた学校経営を引き継いだのが佐倉市にゆかりのある佐藤志津です。女子教育に理解の低かった周囲の反対を押し切り、志津は女性の社会的地位向上に努めます。女子美術大学の卒業生であり大学の客員教授を務めるシンガーソングライターのイルカさんと共に、女子教育の先駆者として知られる佐藤志津の生涯を紹介します。 【審査員コメント】 女子美を作った佐藤志津さんの生涯を追いかけた作品。順天堂の医学の家系で佐藤志津さんは芸術の方に進み、女性が美術を行う空間を作っていく生涯を地元佐倉にフォーカスしながら描いたもの。他局でも展開できる可能性を感じる。地元の特定の人物をフォーカスし、かつ、今あまり関りはないかもしれないが、歴史の中で地元と活躍した地域、関る考え方などを拾い集める作業で苦労をされたかと思う。

trace truth(予告編)

修猷館高等学校 映画制作部 制作作品 大学1年生の亜矢は2年前に自殺した奏太の死の真相を知るため、神様の不思議な力で2年前の夏に戻った。奏太を死なせないため、映画部をバラバラにしないため、高校2年生の夏を亜矢たちは取り戻して行く。

セナの週末トピックス 2インターンシップ期間を終えて ピーヤワンさん帰郷篇

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。今回は、タイ出身で法政大学大学院のピーヤワンさんがインターンシップの期間を終えて帰郷することになりました。ピーヤワンさんに壱岐の思い出などを聞きました。