J:COM

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都市大学付属高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

今年は、選手たちの食事内容の栄養指導、メンタルヘルスチェックなどで体格改善を図った結果、打力の向上につながりました。過去最高の戦力で大会に臨みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場校紹介動画】共栄学園高校

葛飾区の共栄学園高等学校。練習は東金町にある江戸川ライン野球場で行っています。昨年は東東京大会ベスト8まで勝ち進んだ強豪校です。総勢76人の大所帯のチームを引っ張るのはキャプテンでキャッチャーの鈴木丈選手。攻守でチームを牽引する共栄学園の要の選手です。今年の春季大会を緒戦で負けたことで練習内容から試合采配など全てにおいて開き直ってチーム作りをしなおした共栄学園。常に戦う姿勢を忘れずこの夏の栄冠を勝ち取ります。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】海城高等学校

文武両道を掲げる海城高校野球部は総勢41人。チームを率いて7年目となる梶監督は、選手の自主性を大切にしています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立総合工科高等学校

チームスローガンは「雑草魂」! 秋と春の大会では悔しい結果となったことで、今はチーム全体が同じ方向を向き甲子園出場を目標に練習に励みます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平西高等学校

小平市小川町にある都立小平西高等学校。 部員はマネージャーを合わせ47人で、年々増加しています。 去年・おととしと夏の大会は3回戦で敗退。 その壁を超えるため今年はチーム1丸となって挑みます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】錦城高等学校

小平市大沼町にある錦城高等学校。 部員数は、1年生12人、2年生21人、3年生12人、マネージャー2人の合わせて47人です。 前回大会は初戦敗退で涙をのんだ錦城高校野球部。 今年は全員がひとつひとつやるべきことを積み重ね勝利へとつなぎます。 日頃お世話になっている全ての人へ感謝の気持ちを力に変えて神宮球場を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立八王子桑志高等学校

夏の大会では過去3年間1回戦敗退と悔しい思いをしてきましたが、今年は「まず1勝」を目標にチームの士気は高まっています。チームの大黒柱、エースで4番の佐々木選手はスタミナが課題でしたが、走り込みを行い投げ抜く力をつけてきました。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(桜美会奈良)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は舞踊サークル「桜美会奈良」に突撃。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】穎明館高等学校

完全な中高一貫校であるため、野球部に高校からの入部者がなく、人数が少ないのが悩みの種ですが、向上心、凡事徹底、自律心をテーマに日々の練習に取り組んできました。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立北豊島工業高等学校

板橋区富士見町に校舎を構える都立北豊島工業高校の野球部は、昨年の秋季大会後に主力が抜け、春季大会は辞退することに。厳しい状況でしたが、1年生が多く入部したことでチームがうまく機能するようになりました。逆境をバネにしてきた彼らのチームワークに注目です。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立久留米西高等学校

東久留米市にある都立久留米西高等学校。 野球部は1974年に設立。現在の部員は1年生11人、2年生3人、3年生13人の合計27人。 「継続は力なり」をモットーに、勉強と部活の文武両道を実践。 東京都ベスト16を目指し、練習にも力が入ります。

ほんでミーゴ 2018年6月7日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回も天理駅周辺を散策しています。

あなたにおすすめ

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 花巻北 対 希望ヶ丘

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立秋留台高等学校

昭和25年に創部、誰からも応援され、感動を与えられるチームを目指しています。夏の大会では、「昨年を上回る結果を残したい」と練習に励みます。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 尚志 対 秋田中央

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】順天高等学校

おととしの夏は東東京大会でベスト32まで勝ち進んだ順天高校の野球部。今年の夏は33人の部員がこの記録を超えようと日々の練習に励んでいます。この春からの新チームは公式戦で1勝2敗。練習試合では15勝29敗の成績。この夏は足を使った野球で機動力をいかしベスト16を目指します。

「高校球児の夏2018」開成高等学校

荒川区西日暮里の開成高校は、全国でも有数の進学校。今年の開成高校野球部はなんと、主将兼、監督!どんなベンチワークを見せるか注目です。

ピックアップ

粋、日本橋 老舗あるき♯6

日本橋の老舗の魅力をご紹介。今回は、素材選びに妥協しない鰻のいづもやから素材のうま味が引き立つ創意工夫の味をご紹介。また、東京洋菓子倶楽部や東京唐草屋も登場。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 木更津総合 対 北海道栄

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

恋文(予告編)

東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ・放送部 制作作品 時間を超えた恋文が引き起こすストーリーを楽しんで下さい。

なないろゆでたまご

BAN-BANネットワークス:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 「なないろゆでたまご」は、番組のコンセプトが 「予算ゼロ」 という実験的な番組で、いかに地域を巻き込むかアイデアを出しながら、毎月企画を変えて放送しています。ケーブルテレビでは珍しく、再放送なし生放送一度きりの30分番組。2015 年11 月放送分は、地元小学校で開催された、学校のオリジナルキャラクター総選挙の前日特番を制作しました。

CATCH UP #13 かわかみらいふ

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、 夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は「かわかみらいふ」を「CATCH UP」! 川上村で2016年夏にスタートした「かわかみらいふ」は、村民がもっと便利に楽しく元気に暮らすために「移動スーパー運行・宅配代行」や「訪問見守りお助け事業」 「出張診療所・健康教室事業」「みんなが集まる交流カフェ」などの運営を行っています。 過疎化の進む川上村のこの取り組みは、2016年秋に行われた県内市町村の職員が政策や施策を発表する『奈良県市町村政策自慢大会』で 最優秀賞を獲得するなど、大きな注目を集めています。 今回は住民自身が地域の問題を地域で解決しようと奮闘する「かわかみらいふ」の活動を追いました。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

思い出~ものづくりの街 墨田~

都立橘高校 課題研究動画編集班 作成作品 卒業して会うこともないと思っていた二人が偶然の再開。過去のシーンを頑張りました。

J069 shutter

立教新座高等学校映画研究会 制作 将来カメラマンになりたい兄の孝は、自分が取りたくても取れなかった賞を先に弟の敏夫に取られてしまい、強い嫉妬と自身の喪失を覚えた。一度はカメラマンの夢を捨てた兄を気遣う弟は彼が夢を取り戻せるよう、思い出の土地伊豆に彼を連れ出す。青春時代の夢を自分なりに描きたいと思い撮った作品です。

J:COMpark 2017年2月前半号「天神橋筋商店街」前編

J:COMpark2月前半号は、 お久しぶりの商店街、天神橋筋商店街をブラブラしました! ロケを始めてすぐ、突然渡されたものは昆布のパック!? そこからオシャレなカフェ!?にお邪魔したり、 大阪天満宮では今年を占いおみくじを引きました。結果は・・・ 最後は2人も初めて!?ふくろうカフェ?もはやカフェではなかったですけど・・・ あんなにふくろうと触れ合えるお店は初めて見ましたね・・・ で、前編ではここまで!!! 後編へつづく・・・ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大山高等学校

大山高等学校野球部は部員数9人と少ないながらこの春の大会を経験した2年生と3年生の4人が中心となる少数精鋭のチーム。 キャプテンの井上選手は部員の少なさが、チームの結束を強くしていると抱負を語ってくれました。 チームのメンバーや監督からも信頼される、2年生の松尾選手は、打撃力を期待され、長打を意識して練習に励んでいます。