J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】駿台学園高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

北区王子にある駿台学園高等学校の野球部は部員数59人。1番から9番までどの打順からでも得点が狙える打線が強みです。去年の夏の大会は3回戦で敗退、今年春は都大会に出場し初戦で敗れました。チームのモットーは一戦必勝。打撃力を活かし攻めの野球で夏の大会に挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸国際高等学校

千葉県立松戸国際高校野球部は、昭和48年の学校創立当時から活動し、今年で44年目を迎えます。部員は、選手37人、マネージャー1人の総勢38人。去年の夏の大会は、ベスト16まで勝ち進んだ実力校です。今年の戦略は「走力を絡めた攻撃による得点力のアップ」。バットを振る回数を増やしたり、実践を想定したバッティング練習を取り入れたり、打撃の自信を付ける練習を行なってきました。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立船橋東高校」

昨年の夏は3回戦で涙を飲んだ県立船橋東高校野球部。今年はキャプテンの中野 敦史選手を中心にどんな局面でもあきらめず全員野球で粘り強い攻撃ができるチームに仕上がりました。志を同じくすることを意味する「同腹一心」を合言葉に選手一丸となって夏の大会に挑みます

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立石神井高等学校

練馬区関町北にある都立石神井高等学校。 野球部員数は、1年生17人、2年生8人、3年生8人、マネージャー4人の、あわせて37人です。 今年のチームの強みは、打撃力。 オフシーズンから素振りと下半身の強化を行い、どの打順からでもヒットを打って流れを作り 打ち勝つことができるチームに仕上げてきました。 チームのモットーは 「凡事徹底)」。 当たり前のことを徹底的に行うという精神で、日々の練習にも真剣に取り組んでいます。 夏の大会は、全員野球で一戦一戦しっかりと戦い、甲子園出場を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立松が谷高等学校

ベテラン監督が「創部以来最強」と評する松が谷高校。都立校初の甲子園での勝利を目指し、夏の戦いに臨む!

第99回全国高等学校野球選手権大会 出場校紹介動画「県立若松高校」

千葉市若葉区にある県立若松高校。現在、野球部員はマネージャーを含む50人。「雰囲気を明るく」をモットーに「点を取られたら取り返す」「自分たちのペースで試合を持っていけるかが勝負」とチーム一丸となって大会での勝利を目指します。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立中野工業高等学校

今年就任3年目の 深谷(ふかや)健(けん)介(すけ)監督率いる 都立中野工業高等学校野球部。 現在、11人の部員が所属しています。 これまでの最高は、 14年の夏に1回戦突破。 去年の大会は、勝つことができず、 1回戦で退いています。 今年のモットーは、 「出来る事を全力でやる」。 少数精鋭で、 まずは1回戦突破を目指します。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 11月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、藤井寺市でーす。 藤井寺市は大阪府の南東部にある歴史に育まれた住宅都市。 商店街や住宅街の中には知る人ぞ知る素敵なお店が満載です。 今回は、そんな素敵なお店をご紹介したりしながら 地域の魅力をふわっとご紹介していきまーす。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】文教大学付属高等学校

チームのスローガンは「脚下照顧」。19人の少ない部員ですが一人ひとり全力プレー出来ることが持ち味。限界に挑むことをテーマに品川から江ノ島まで歩行訓練を実施、26時間掛けて往復した。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 千葉経済大学附属高校

千葉市稲毛区にある千葉経済大学附属高校。 校風である「明朗・真摯・友愛」のもと、明るく、のびやかに学べる学校です。 普通・商業・情報処理科があり、知識や技術論など人材育成に力を入れています。 千葉経済大学附属高校野球部は若葉区にグラウンドを持ち、 全国大会ベスト4をはじめとした好成績を残す千葉県内でも屈指の強豪校です。 常に全国制覇を目指し、覇気・変化をテーマに守備からリズムを作り、 打線をつなぐ野球を心掛け、松本監督指導の下、日々の練習に打ち込んでいます。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 追手門学院女子ラグビー部VENUS 対 YOKOHAMA TKM

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2017年2月放送 Track37「おかゆ 初アルバム発売!」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2017年2月放送 Track37「おかゆ 初アルバム発売!」

あなたにおすすめ

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】蕨高等学校

蕨高等学校は地元で「ワラコウ」の愛称で親しまれ、今年で開校60周年の節目の年を迎えました。伝統の機動力と打撃力を絡めた攻撃力、テンポの良い試合運びで節目の年に新たな歴史を残すべく甲子園出場を目指します。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 ARUKAS KUMAGAYA 対 東京フェニックスRC

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 RKUラグビー龍ケ崎GRACE 対 カ・ラ・ダファクトリー Rugirl-7

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京電機大学高等学校

小金井市梶野町にある『東京電機大学高等学校』 野球部は今年で69年目。 部員は1年生8人、2年生4人、3年生8人の合わせて20人です。 今年のチームのモットー全力野球で夏の大会に挑みます!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】正智深谷高等学校

閑静な住宅街に位置する正智深谷高等学校。1976年創部の硬式野球部は、甲子園出場経験こそないものの、一昨年は夏の県大会でベスト4に進出。当時1年生だったメンバーが3年生となりチームを引っ張ります。

ピックアップ

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 上尾 対 長岡

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

福丸がゆく2017年1月9日放送 伊丹市伊丹

福丸がゆく2017年1月9日放送 伊丹市伊丹

Y065 ファミレス(予告編)

埼玉県立深谷第一高等学校放送部 制作タイトルの「ファミレス」に注目して、物語の進行を見守っていただければ幸いです!

minten×ROCKETぼくのゆめ

発達障がいに向き合う長崎と東京 2つの団体が2016年6月18日19日に親子セミナーを開催しました このイベントに参加した少年を通してその活動を紹介します

J013 栞の先に

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立小川高等学校 放送部 放課後になると誰よりも早く図書館に向かう主人公 遠野さや。そこには誰にも理解できない理由があった。そこに今まで話したこともない下級生の杉崎ちひろが現れる。この二人の関係は一体どうなるのであろうか。

だめんずきっちん 2013年04月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2017年10月17日号

さくらFMビール発売 (西宮) 子どもわくわく将棋大会 (尼崎) 親子でコメ作り もちのできるまで(西宮) スポーツのまち尼崎フェスティバル(尼崎) まちの中の時間プロジェクト「まちの記憶」 (尼崎) 西宮能楽堂完成記者発表(西宮)

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「一宮まごころ」をご紹介します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 盛岡第四 対 希望ヶ丘

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

目黒区動画ニュース(2017年9月5日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 8月6日、広島に原爆が落とされた午前8時15分に合わせて 目黒区総合庁舎の前にある公園で黙祷が捧げられました。 昭和60年に平和都市であることを宣言した目黒区は、 核兵器のない平和を築き、次の世代に継承するため 様々な取り組みを行っています。 この日、目黒区民センターでは、 「平和祈念のつどい」が開かれ 会場には、およそ400人の区民や関係者が集まりました。 そして目黒区民センター公園では、 「平和の鐘」の打鐘が行われ、 およそ70人がそれぞれの思いをこめて鐘を鳴らしました。 終戦から72年を迎え参加者は、 平和への礎を築いてきた人たちに感謝するとともに、 今後の平和を願い、気持を新たにしていました。