J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京成徳大学高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

今年の春は都大会に出場し1回戦敗退となった成徳大学高等学校。昨年の経験者も多く試合運びを理解できる選手が多い。キャプテンを勤める双子の兄とその弟が外野の両翼を守り、事な場面でみせる”攻める守備”が特徴です。今年の夏は本気で甲子園出場を狙います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立昭和高等学校

自治・自律を重んじる都立昭和高等学校は、今年、創立70周年の節目の年。秋、春の大会では惜しい敗戦を経験しましたが、都立高校として西東京代表、そして全国の頂点を狙います

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】安田学園高等学校

安田学園高等学校野球部は創部89年。千葉県鎌ケ谷市にあるグランドで練習をしています。2013年には、春の選抜高校野球大会で甲子園に初出場を果たし、今年も2度目の甲子園を目指します。 走・攻・守の3拍子が揃った今年の安田学園。打線の主軸を担うのは、渡部賢也選手です。 また投手陣もエースの森航洋選手を中心に充実したメンバーで大会に挑みます。 マネージャーもおむすびを作って選手たちをバックアップしています。 安田学園野球部は「今日一日のこと」、この学校創始者 安田善次郎のことばをモットーに、全力でプレーしています。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校野球部の創部は1945年。 部員数は、マネージャーを含めて21人です。 先輩・後輩の分けへだてがなく、チームワークの良さが強み。 野球部の伝統「文武両道」を目指し日々練習に打ち込んでいます。 チームを率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 今年のチームは、クリーンナップ以外にも長打を狙える選手がそろい、 打線の爆発に期待を寄せています。 そんな両国打線の主軸を担うのが、3年生の高橋大和選手。 選球眼が良く、長打力を持ち合わせています。 キャプテンは、3年生の丸山知晃選手。 「走・攻・守」三拍子そろった、力のある選手です。 今年のチームスローガン、「一球入魂」を掲げ、 まずは、初戦突破を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

練馬区東大泉にある都立大泉高等学校。 野球部員は1年生4人、2年生8人、3年生3人の合計15人。 少ない人数ですが、謙虚な気持ちと一蓮托生の気持ちで厳しい練習にも耐え、 夏の大会に挑みます。

高校野球福岡県大会2018 チーム紹介 福岡高等学校

福岡市博多区にある「福岡高等学校」 常に考え、積極的なプレーで野球にのぞみ、チーム一丸となって甲子園を目指します!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】本庄東高等学校

本庄東高等学校野球部は1965年に設立され、現在は83人が所属しています。限られたスペースで効率的に練習を行うため、自分たちで毎日練習メニューを決めて取り組んでいます。意見を積極的に出し合う「心のキャッチボール」をモットーに練習に励んでいます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 中央学院高等学校

春と夏連続の甲子園出場を狙う我孫子市の中央学院高校野球部。初戦敗退だった去年の夏の大会の思いをバネに夏の大会に挑みます。チームのモットーは「勝負心」。80人の部員が一丸となり、支えてくれるすべて人たちへの感謝の気持ちを忘れずに全員野球で甲子園を目指します。

J:COMpark 2017年1月後半号「地下鉄本町駅周辺」

J:COMpark1月後半号は、2017年の1発目の街ブラ!! 大阪市のど真ん中!本町駅周辺をブラブラしました! まずオフィス街に現れたのはワイン屋さん! ここでおすすめワインを飲んだ二人はレトロ感満載の猫カフェ!?? そこでおすすめカレーを食べ、さらには今年初の占いの館へ・・・ そこで岩井ちゃんが今年の運勢を占ってもらうことになったのですが・・・ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 昭和学院高校

秋の大会で創部以来、春夏合わせて初のベスト16に進出した昭和学院高校は今、勢いのあるチームです。 今回、西千葉大会の選手宣誓を見事引き当てた昭和学院高校。 勢いそのままに甲子園を目指します。

受け継ぐ故郷

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 家族ってとても大事だと思う。家族が受け継がれていくように、ふるさとも次の世代に受け継いでゆきたい。

わがまちの風景【西区北堀江】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】慶應義塾高等学校(横浜市港北区)

慶應義塾高等学校(横浜市港北区) スローガン・意気込み「エンジョイベースボール/夏トル」

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】三鷹中等教育学校

6年間の中高一貫教育を行っている、都立三鷹中等教育学校。野球部は高校1年生から3年生にあたる「後期課程」の生徒で構成。18人の部員がひたむきな思いを持って活動しています。去年の夏の大会では2勝をあげ、3回戦まで勝ち進んだ三鷹中等。闘志を前面に押し出す野口キャプテンを先頭に、さらなる飛躍を目指します。

2016 高校球児の夏 開成高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】墨田工業高等学校

野球部の方針…高い意識で日々の鍛錬に励み、レベルの高い「心・技・体」の習得に努める。 どんな野球部…個性が強く、元気が持ち味の野球部です。 ここは負けない…ここぞという場面での集中力と爆発力です。 好きな応援曲…墨田工業高校第一応援歌『蒼き空に』 主将の決意…強豪校相手でも臆せず戦い、目標に向かってガンガン攻めて勝ち進みたいと思います。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】文教大学付属高等学校

チームのスローガンは「脚下照顧」。19人の少ない部員ですが一人ひとり全力プレー出来ることが持ち味。限界に挑むことをテーマに品川から江ノ島まで歩行訓練を実施、26時間掛けて往復した。

ピックアップ

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年6月1日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.19

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

C034 あいいろ

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 神奈川県立藤沢清流高等学校 自主映画製作同好会 主人公である歩が、少しずつながら確実に成長していくところです。一夏という短さながら、男と出逢い、少年が男に変わる瞬間を見ていただければと思います。

それいけ爆釣中!vol.53

平成29年9月放送「本厄男の神だのみ釣行編」 釣れない…本当に釣れない…全ては厄のせいだ!! 今回は神社でお参りしてから釣りに出かける。 狙うのはスズキ。前回のリベンジをするべく浦ノ内湾に船を出すが… 久しぶりに魚が登場するのか!? お楽しみに。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

大田区本羽田にある都立つばさ総合高等学校。 野球部員数はマネージャーを含め合計16人。 今年は、5人の新しい仲間が加わり チームワークをはぐくみながら日々の練習に励んでいます。 つばさ総合高校では他の部活との兼ね合いがあって グラウンドを使える日があまり多くありませんが、 その分、基礎練習や走塁練習に力を入れ、 基本的な技術と体力をしっかりと身につけています。

掲示“番”6月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

懐中時計を失くした孤独な男の戦い

小松原高等学校 演劇映画部 制作作品 何気ない日常でさまざまな想いや感情が故郷を思う人々の縮図を表している、それがこの作品の見所です。

JICFuSムービー:計算科学最前線

計算基礎科学連携拠点(JICFuS)は、素粒子・原子核・宇宙物理を大規模計算により探求する研究組織です。本番組は、その活動の様子を紹介した動画「JICFuSムービー」をお借りし、放送用に再編集したものです。

しあわせの黄色いトラック(2018年2月)

今回のしあわせの黄色トラックは富山県南砺市城端で行われた雪無しデーを取材しました。雪無しデーとは住民総出で雪かきをする除雪活動で1997年以降1月の第4日曜日に実施されています。大雪の影響でしょうか、まわりには大きいつららが沢山見られました。自然の芸術を探しに出た杢野隊員。沿道に植えられた木には車の水しぶきで出来たつららのオブジェがズラリ!冬にしか見られない神秘的な光景に興奮を抑えきれない杢野隊員でした。

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年12月25日号

スケアード・ストレイト自転車交通安全教室 (西宮) 書道で国際交流(尼崎) ひだまりひろばでクリスマス飾りを作ろう(伊丹) 稲野幼稚園 もちつき(伊丹) 甲子園会館 冬至に現れる光の演出(西宮) 大島神社 しめ縄作り(尼崎)