壱岐ビジョン(株)

セナの週末トピックス 12~湯ノ本編~

提供元:壱岐ビジョン(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。
今回は壱岐市有数の温泉街「湯ノ本(ゆのもと)」を散策します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

特殊詐欺を防げ!

犯罪から島民を守る、壱岐市防犯シリーズ。最近ニュースなどでよく耳にする特殊詐欺。その被害にあわないためにはどうすればよいか。壱岐警察署と地元の民間企業の協力を得てドキュメンタリードラマを制作。

ようこそ市長室へ~新成人を招いて~

長崎県壱岐市の行政情報番組。毎月、壱岐市の市長室にさまざまなテーマでゲストを招き、市長と対談して、市の取り組みについて市民へ広報する。 月1回更新。 今回は、平成30年1月に成人式を迎えた新成人4人をゲストとして招き、市長と対談する。

壱岐巨樹名木物語第3話

長崎県壱岐市の巨樹・名木を草木に詳しい郷土研究家と訪ねます。長い時を超えてつなぐ命。生き残るための木々の知恵と神秘の世界を全4回に渡って紹介します。その第3話。

壱岐の名水をたずねて第4話

全5話。第4話峰井(みねごう)と鍋の窪の湧水(なべのくぼのゆうすい)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

壱岐の名水をたずねて第1話

長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。全5話。第1回は弥佐支刀井(みさきとごう)と鳥山井(とりやまごう)を紹介します。

セナの週末トピックス 12~湯ノ本編~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。 今回は壱岐市有数の温泉街「湯ノ本(ゆのもと)」を散策します。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

J:COMpark 2016年8月前半号「大阪市東成区」

J:COMpark8月前半号は、お便りをいただき 初!?となる「大阪市東成区」を街ぶらです! 東成区役所の方にも登場していただき、東成区の魅力を語っていただきました。 東成区はモノづくりの街で有名ですが、そんな街を象徴する会社にお邪魔し、 工場見学をさせていただきました。 さらには東成区を横断する長い長い商店街へも行きました!! あまりに長すぎて・・・ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年6月12日号

カバのテツオ君と歯みがき教室(天王寺) 佃小学校 生きものさがし(西淀川) うたごえ広場ぽっぽ(港) 海遊館・特別講座「タコ壺作りに挑戦!」(港) プリザーブドフラワーで作る父の日アレンジ(福島) 親子でグリーンフェスタ イン明治(西)

テクノ探検隊「ロボットは人間の声がわかるか?」

新潟県長岡市にある長岡技術科学大学企画番組。 世界的な最先端技術の研究開発と教育を行っている長岡技術科学大学に小学生のテクノ探検隊が潜入。科学技術の専門家に果敢に挑戦し、科学のナゾに迫る小学生。専門用語を封印して奮闘する教授。異色のサイエンス番組。 今回のテーマ「ロボットは人間の声がわかるか?」

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古⑰~

楽譜は番組ページからダウンロードできます。【シャミ専科】で検索 http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/shamisenka.html この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2016年2月後半放送】

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.109.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

J059 君と嘘、探偵と音色

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 愛知県立旭丘高等学校 映画制作部 「どうしても探し出さないといけないんです!」依頼人、渡瀬の一言から始まった人探し。彼女の本当の目的とは?変人探偵、穂村の辿り着いた答えには、意外な真実が隠されていた……。今、謎解きが始まる。

わがまちの風景【西淀川区歌島】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします

Iki no shima4月

壱岐の島 Iki no ahima 4月の壱岐の観光スポットです。 ツツジが満開です。 この時期は意外と雨が多いのです。

Y010 雨やさめの夜 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 福岡県立修猷館高等学校 映画制作部 「雨やさめ―雨がすごく降ることだよ。でももうひとつ、何も見えなくなるくらい涙を流すって意味も…」ミステリーというジャンルに、制限もある中、悪戦苦闘しながら挑みました。ぜひ最後までお楽しみください。

ピックアップ

めざせ!甲子園2018 日本工業大学駒場高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 日本工業大学駒場高等学校のスローガン・意気込み:「挨拶と返事で日本一を目指す」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

C030 孝山流~親子三代で受け継ぐ心~

北海道旭川工業高等学校KBS旭工放送局 制作 旭川市で津軽三味線・日本民謡 菅野孝山流の家元として活動している菅野孝山さん。日本で唯一の親子三代での演奏もしています。その孝山流で受け継がれる想いと、素敵な音色を皆さんに知っていただきたいです。

めざせ!甲子園2018 桜修館中等教育学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 桜修館中等教育学校のスローガン・意気込み:「みんなから応援される野球部になろう」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年2月22日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は磯城郡三宅町を散策しています。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】専修大学附属高等学校

昭和6年に創部、86年の歴史をもつ専修大学附属高等学校・野球部。 マネージャーを含めて57人の選手たちは、西東京大会の舞台のひとつ 多摩一本杉球場で週に3回練習に励んでいます。 ここ、最近の最高成績は、2013年のベスト8。 秋と春の大会では、1回戦敗退と悔しい思いをしている分 夏に掛ける思いは、どのチームにも負けません。

J002 蘖

埼玉県立芸術総合高等学校映画部 制作 転校を繰り返し、友達が一度も出来たことのない向井祐樹。変わり者で友達のいない町田真知男。ワケありの二人の、新鮮で、ちょっぴりしょっぱい日々を描いた作品です。独特のキャラクターに注目してご覧下さい。

福丸がゆく2016年4月25日放送 伊丹市荒牧

福丸がゆく2016年4月25日放送 伊丹市荒牧

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立東村山高等学校

東村山市恩多町にある都立東村山高等学校。 野球部員数は、1年生7人、2年生5人、3年生4人の、合計16人です。 このチームの特徴は、メンバー全員が明るく、 元気であること! 学年の垣根を越えて団結し、真剣に日々の練習に取り組んでいます。 『必勝!東村山』の言葉を胸に夏の大会、全員で戦い勝利を目指します。

テクノ探検隊 「オープンキャンパス」公開研究室に潜入!・後編

新潟県長岡市にある長岡技術科学大学企画番組。 世界的な最先端技術の研究開発と教育を行っている長岡技術科学大学に小学生のテクノ探検隊が潜入。科学技術の専門家に果敢に挑戦し、科学のナゾに迫る小学生。専門用語を封印して奮闘する教授。異色のサイエンス番組。 今回のテーマ  長岡技大の「オープンキャンパス」公開研究室に潜入!・後編

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】浦和学院高等学校

浦和学院高等学校野球部が目指すのは常に「優勝」の2文字。強豪校、浦和学院とあって、レギュラー枠を狙える1年生部員がいる今年のチームです。その存在がチームに刺激を与え、全体のレベルアップへとつながっています。