壱岐ビジョン(株)

壱岐の名水をたずねて第3話

提供元:壱岐ビジョン(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

全5話。第3話妙泉禅寺跡湧水(きよみずごう)と美濃谷の涙川(みのんたにのたみだごう)と椿川(つばきごう)を紹介します。

長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

壱岐の名水をたずねて第4話

全5話。第4話峰井(みねごう)と鍋の窪の湧水(なべのくぼのゆうすい)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

壱岐の名水をたずねて第1話

長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。全5話。第1回は弥佐支刀井(みさきとごう)と鳥山井(とりやまごう)を紹介します。

壱岐の名水をたずねて第2話

全5話。第2話清水井(きよみずごう)と御手水井(おちょうずごう)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

映像詩いき7月

長崎・壱岐の島には神社やお寺がたくさんあります。そこへ行くと何かに守られているような感じがして、和の雰囲気が心を和ませてくれます。 そして夏の海も素敵ですが、その前後の人がいない砂浜も潮騒と遠くに鳥の鳴き声が聞こえてきて心が癒やされます。 この番組は詩と映像を意図的リンクしないように制作しています。 テーマは決めていますが、詩の創作する世界を大切にしたいと思っています。 別々に制作して、詩を映像に合わせたり、映像を詩に合わせたりはしていません。 なので音と映像が合っていないように感じられると思いますが、そう感じられるのも番組の魅力のひとつと考えています。 壱岐の魅力を言葉と映像で自由に感じて楽しんで頂ければ幸いです。

島の成り立ち物語第5話最終話

壱岐の「巨樹」、「名水」と紹介してきた島の自然シリーズ最終章の最終話。今回は、壱岐層が作った奇跡の名所を紹介する。壱岐と言えばきれいな海。その海を訪ねると、不思議で壮観で美しい岩石が作った景観に気づくはず。いつかこの島がジオパークとして名を馳せることを祈ります。巨樹、名水、壱岐の見どころは海だけではありません。山内正志さん、解説ありがとうございました!

壱岐の車窓から#74

#74 壱岐市郷ノ浦町渡良 麦谷漁港~宇土湾

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【終】鮎の棲む川~長良川ストーリー~♯11「若手川漁師の挑戦!~平工顕太郎~」

長良川の最年少川漁師、平工顕太郎さん(35歳)。 これまでこの番組にレギュラー出演し、レポーターの竹枝さんに長良川の文化や川魚について教えてくださいました。 最終回では、そんな平工さんの素顔に迫ります! 平工さんはどんな想いで川漁師を志し、どんな活動をしているのでしょうか。

J003 ゆめそら

北海道シュタイナー高等学園いずみの学校映画研究部 制作 「それぞれのゆめ、絶対叶えようね!」大人になったとき、少女達の友情とゆめの行方は、、、?ぜひ観てください。

アカムツ狙いin足摺岬沖 前編

今月の海遊人は、毎年恒例アカムツのジギングをお送りします。 足摺岬沖の水深250メートルがアカムツのポイント。 強風、うねりとコンディションが悪く、本命ポイントに入れず苦戦必至。 シーフロアコントロールの弘田さんと貴重な1匹を釣り上げるため、奮闘します!

日田祇園祭

KCVコミュニケーションズ:制作 日田祇園祭は、大分県日田市豆田町の八阪神社、隈の八坂神社、および竹田若八幡宮で行われる曳山行事を含む厄除け神事。京都の祇園祭を手本とした祭りのひとつで、曳山行事は7月に行われる。 山鉾は合計10基があり、その高さや絢爛豪華さを競い、男衆が町内を曳き廻す。山鉾の中に乗り込んで演奏される祇園囃子が祭りを盛り上げ、夜にはたくさんの提灯をつけて提灯山(晩山)として曳き廻す。

アジングin愛媛県 佐田岬

今月の我ら海遊人は、愛媛県西部よりシーズン最盛期のアジングをお送りします。 今年もTICTのトミーさんを迎え、30cmオーバーの大型アジを狙います。 トミーさんのアジングテクニック満載!! はたして大型アジを仕留めることができたのか!?

あなたにおすすめ

壱岐の車窓から

車載カメラが四季折々の景色をお届けします。 メイン通から裏通り、「こんな道通れるの?」という道路まで、いつもと違う風景をご覧ください

おおむら湾水中散歩#6

長崎の里海大村湾はとても不思議な海です。 蝶閉鎖性水域と言われるまるで湖のようなこの海は 塩分濃度も低く冬には結氷することもあります。 そんな里海大村湾を見つめる水中観察家の中村拓朗さんと、不思議な海の生き物を季節と共に観察していきます 11月のおおむら湾

CATCH UP #13 かわかみらいふ

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、 夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は「かわかみらいふ」を「CATCH UP」! 川上村で2016年夏にスタートした「かわかみらいふ」は、村民がもっと便利に楽しく元気に暮らすために「移動スーパー運行・宅配代行」や「訪問見守りお助け事業」 「出張診療所・健康教室事業」「みんなが集まる交流カフェ」などの運営を行っています。 過疎化の進む川上村のこの取り組みは、2016年秋に行われた県内市町村の職員が政策や施策を発表する『奈良県市町村政策自慢大会』で 最優秀賞を獲得するなど、大きな注目を集めています。 今回は住民自身が地域の問題を地域で解決しようと奮闘する「かわかみらいふ」の活動を追いました。

おしえて!獅子舞テレビ #10角(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。

What a beautiful place! ~なんて素敵な場所でしょう!

信州長野県、北信濃の美しい風景を次世代映像4Kで撮影しました。是非ご覧下さい

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立北豊島工業高等学校

板橋区富士見町の住宅街にある 都立・北豊島工業高等学校野球部は、 創部して今年で8年目。 15人の部員が、夏の大会に向けて 練習に励んでいます。 選手1人1人が勝ちにこだわり、 意識を高く持つことが、チームのモットーです。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介(正則学園高等学校)

正則学園は1986年に東東京大会を制覇し、甲子園に出場しています。 その後、30年以上甲子園から遠ざかっていましたが、 昨年秋に一筋の光! 甲子園に2度出場している都立城東と大接戦! 強豪と渡り合える力を見せました。 正則学園、初戦は都立新宿! さあ、30年以上の沈黙を破るときがくるか!

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉高校

県立千葉高校 野球部の歴史は古く、過去6回の全国大会出場の実績があります。 現在では、県内有数の進学校として自主・自立の精神のもと、24人の選手と3人のマネージャーが夏の大会に向けて連日汗を流しています。 進学校ならではの頭脳プレーと全員野球で初戦突破を目指します!

壱岐巨樹名木物語第1話

長崎県壱岐市の巨樹・名木を草木に詳しい郷土研究家と訪ねます。長い時を超えてつなぐ命。生き残るための木々の知恵と神秘の世界を全4回に渡って紹介します。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】明星高等学校

府中市栄町にある明星高等学校。 野球部の理念は文武両道。野球を通して逆境を跳ねのけられるような強い心を鍛錬し、勉学にも手を抜かずに励んでいます。規律をきちんと行い、好きな野球ができることへの感謝の気持ちを忘れずに、常に全力でプレーすることをモットーにしています。今年のチームの特徴は、強力な打撃力で攻撃からリズムを作り、相手に打ち勝つ野球です。夏の目標であるベスト4に向けて、チーム一丸となって日々の練習に取り組んでいます。

うらら栃木版1月7日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、栃木市の「かたらく」と「(株)天狗屋養蜂店 岩舟みつばち広場」をご紹介します! 「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

「先輩、後輩の壁が無く、野球を通じて対等に付き合う事が出来るのが小川高校野球部」と3年生の川上主将は話します。部員が同時に練習できるメニューを増やし、個々の能力アップに取り組む小川高校野球部。全員野球で勝利を掴みます。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立青井高等学校、都立日本橋高等学校(連合)」

足立区青井にある都立青井高校。梅雨のこの時期、グランドが使えない日は室内で練習に励みます。現在、野球部には2年生5人、1年生1人、総勢6人が所属。昨年の夏は人数が揃わず出場ができなかったものの、この夏は墨田区の都立日本橋高校と連合チームで出場します。 現在の部員の中には高校入学後に野球を始めた部員もいることから、大会を控えた現在、ひと試合、全力で取り組める基礎体力づくりや練習に力を入れています。 2年生中心のチームとあって、今大会は来年に向けた経験を積む時期と捉え、キャプテンの大川選手を中心に技術面、メンタル面の強化にチーム一丸となって取り組んでいます。 チームを指揮する樋口監督は何事にも謙虚な姿勢で取り組むよう指導。青井・日本橋の全員野球で試合に臨み、勝利を目指します。

おと(予告編)

法政大学第二高校 映画研究部 制作作品 自ら「おと」を聞くことをやめた少年がいた。彼は、何を求め、何を探すために自らを振り返るのか。日常の見識の優美と音のハーモニーをテーマとし、問題提起をします。

KCN情報発信スタジオ Kスタ!(2018/09/25)

【トピックス】 ・なら国際映画祭オープニングセレモニー ・広陵かぐや姫祭り ・御所市制60周年 ウォーキング 【お知らせ】 創作ミュージカル NYANZ       【ピックアップTHEなら】 賃貸のマサキ×天理大学 インターンシップ リフォーム リポーター:市川まゆ