(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2017年10月号(モトクロスライダー小島庸平選手)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

2015年に全日本モトクロス選手権の最高峰クラスIA1で王者に輝いた、小島庸平選手(三重県鈴鹿市出身・在住)に密着。今季は怪我で欠場など苦しいシーズンを送るも、モトクロス界のリーダーとして積極的に取り組む姿をカメラが追いました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2017年11月号(86/BRZレース参戦 トヨタカローラ三重)

SUPER GT参戦をはじめ、積極的にレース活動を展開するトヨタカローラ三重。今回は従業員がドライバーとなって参戦する「86/BRZレース」に密着しました! 若手メカニックが自ら参戦するレース活動の先にあるものとは?

レーシングスピリット 2017年8月号(世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 後編)

放送開始100回記念特別企画「世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 後編」 レーシングスピリット放送開始100回を記念して、9年ぶりに鈴鹿8耐に復帰するモリワキを2回シリーズで特集。今月はMORIWAKI MOTUL RACINGの鈴鹿8耐に 密着! レースシーンをたっぷりお届けし、鈴鹿が世界に誇るモリワキの戦いぶりを徹底取材します。苦労しながら迎えた9年ぶりの鈴鹿8耐。その結果やいかに。

レーシングスピリット 2017年7月号(世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 前編)

放送開始100回記念特別企画「世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 前編」 レーシングスピリット放送開始100回を記念して、9年ぶりに鈴鹿8耐に復帰するモリワキを2回シリーズで特集。今月はモリワキのこれまでの活躍や、森脇護監督、ライダーの高橋裕紀選手、清成龍一選手のスペシャルインタビューなどをお届けします。鈴鹿が世界に誇るモリワキの8耐にかける熱き思いに迫ります!

レーシングスピリット 2017年4月号(2017年シーズン開幕特集)

2017年シーズン開幕特集! 鈴鹿サーキットのモータースポーツシーズンの幕開けを告げる「鈴鹿モータースポーツファン感謝デー」。 番組では、3月に開催されたこのイベントで地元トップチームに注目!今シーズンの見どころを紹介します。もちろん、イベントの見所となった往年の名ライダー、名ドライバーも登場します。

レーシングスピリット 2016年8月号(TSR 鈴鹿8耐への挑戦)

この春、世界最高峰のオートバイの耐久レース「ル・マン24時間耐久ロードレース」で3位表彰台を獲得した地元チーム「TSR」。鈴鹿8耐に挑戦し続けるTSRのレースに密着しました。

レーシングスピリット 2015年9月号(小学生カートレーサー 伊藤琢磨選手)

鈴鹿市出身の小学生カートレーサー、伊藤琢磨選手のレースに密着します。 今シーズン、全日本でトップ争いをする活躍ぶりで注目を集めています。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】順天高等学校

北区王子に校舎がある順天高校の野球部は1990年に創部。現在の部員数は28人、足立区にある新田キャンパスで練習を行っています。今年はバッティングの強化に力を入れていて一振り一振りに気持ちを込め、繋がりのある打線を目指しています。

満天!ゆるりと下呂(8月放送)

日本三名泉の下呂温泉。ゆるりと心から温まる宿の紹介や旅人をおもてなす料理を毎月紹介します。下呂に来たら是非立ち寄って頂きたいオススメスポットも紹介します。

ヒットの兆し(㈱田中金属製作所)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「㈱田中金属製作所」の田中 和広さんを紹介します。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年10月16日号

オータム・チャレンジ・スポーツ2018in福島(福島) 大和川水位上昇による避難訓練(住之江) 災害ボランティア養成講座(大正) 全国地域安全運動 此花区民大会(此花) 全国地域安全運動 西成区民大会(西成) すみのえミュージックフェスティバル!(住之江)

壱岐の名水をたずねて第4話

全5話。第4話峰井(みねごう)と鍋の窪の湧水(なべのくぼのゆうすい)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立高島高等学校

野球部創設、昭和48年の都立高島高等学校。83人の部員数を誇り、「気は技を制す」をスローガンに悲願の甲子園出場を目指します。

神々の島 壱岐ウルトラマラソン2018 ゴールスペシャル

長崎県の離島 壱岐島で10月20日(土)に行われた『神々の島 壱岐ウルトラマラソン』。100km、50kmの感動のゴールシーンを3時間13分かけて一挙にご覧いただける長編番組です。

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立小松川高校

江戸川区平井にある都立小松川高等学校。部員は総勢26人。小松川の野球はピッチャーを中心に打たせて、守り勝つ野球。守備でリズムを作り、チャンスで得点を奪います。投手は両サイドを使って勝負する水橋選手、変則フォームのサウスポー・松村選手など、凡打の山を築きます。攻撃は一発長打のある森瀬選手、勝負強い武者選手、鋭い打球を飛ばす清田選手が中心です。夏の大会ではまずは一勝を目指し練習に取り組んでいます。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】白山高等学校(横浜市緑区)

白山高等学校(横浜市緑区) スローガン・意気込み「練習で泣け、試合で笑え」

2016 高校球児の夏 郁文館高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

ピックアップ

レーシングスピリット 2018年3月号(スーパーFJ 岡本大地選手)

2017年のF1日本グランプリと同時開催された「スーパーFJドリームカップレース」。このレースで優勝した岡本大地選手(三重県鈴鹿市在住)に密着しました。レーシングシミュレーターで腕を磨き、現実のレースに参戦を果たした若者の、2018年開幕戦に迫ります。

C046 戦国からの声

宮城県仙台第一高等学校放送部 制作 主人公、史華がゲームの伊達政宗をきっかけに不思議な少年と出会う。その少年から教わった本当の歴史を、教師という夢を実現した史華が、次の世代へと語り継いでいく姿が見所です! 是非、ご覧ください!

わがまちの風景【尼崎市 東難波町】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

それいけ爆釣中!vol.54

【平成29年10月放送】釣筏でモンスター退治!?編 高知県須崎市の浦ノ内湾にある釣筏には、釣ったチヌを食べてしまうモンスターがいるらしい。 そんな噂を聞きつけ退治することに…果たして退治できるのか!?それとも返り討ちか… お楽しみに!!

20180609STVニュースウォーカー「シャインマスカット出荷好調」

6月9日放送のSTVニュースウォーカーから、シャインマスカット出荷の模様をお送りします

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.14(2017年5月放送)

2017年5月に放送された『隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.14』のリメイク版です。 今回は、雑誌「アンアン」や「ポパイ」「オリーブ」など、数多くの雑誌のアートディレクションに携わったデザイナーで、現在は生まれ故郷の海士町に暮らす新谷雅弘さんをアイランダースの一員にお迎えし、昭和初期に商業デザイナーの草分けとして全国的に活躍した、海士町出身の広瀬貫川氏の絵を訪ねて町内をめぐりました。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「秀明八千代高校」

秀明八千代高校野球部は、マネージャーを含めて31人。 攻める姿勢を忘れず、消極的にならず、まずはしっかり守って試合を作り、 チャンスを活かして得点に繋げられるよう、日々練習に励んでいます。 チームをまとめるのは、セカンドを守る太田智之選手。 普段は温厚で優しい人柄の太田選手ですが、グランドでは大きな声を出し 仲間を盛り上げチームの士気を高めます。 甲子園出場を目指し、一戦必勝でのぞむ夏の大会。 最後まであきらめず全力疾走で挑みます。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.98.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉高校

中央区葛城にある県立千葉高校。県内有数の進学校でありながら、自主・自立の精神を培う、自由な校風で知られています。県立千葉高校野球部には、現在、20人が所属しています。チームの特長は、全員で協力しながら、守備からリズムを作り、攻撃につなげる野球。

2017となみ野の祭り「庄川観光祭」

砺波市庄川町で初夏の行事として行われるお祭り。庄川峡花火大会や夜高行燈を練りまわす庄川夜高行燈をメイン行事として様々なイベントが行われます。県内花火シーズンのトップ切る庄川峡花火大会は1000発以上の光の大輪が夜空を彩り、また極彩色豊かな夜高行燈26基が街を練りまわり、大行燈を勢いよくぶつけ合う「合わせ」では、「ヨイヤサ、ヨイヤサ」と若衆たちの威勢の良い掛け声が響きわたります。(2017年6月3日~4日)