(一社)日本ケーブルテレビ連盟

米子が生んだ心の経済学者~宇沢弘文が遺したもの~

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

中海テレビ放送:制作
第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞
【番組概要】
鳥取県米子市出身で2014年9月に亡くなった東京大学名誉教授の宇沢弘文さん。「心を持った経済学者」として、経済成長至上主義の社会の在り方を批判し続けた宇沢さんは、「人間の心を大切にする経済学」を追求し続けた経済学者であった。番組では、宇沢さんのプロフィールや功績を紹介するとともに、「宇沢理論」を継承する経済学者、さらには家族らの証言なども交えながら宇沢さんの人物像を探っていく。
【審査員コメント】
宇沢弘文さんは日本を代表する経済学者でシカゴ大学で教員をしていたが、米国の自由主義的な経済学が異を感じ帰国、自動車問題や晩年は成田闘争にも関られた。非常に優しく、経済学の学問を武器にしつつ人々に分け入っていく人だった。その方の生涯を優しく番組として作られており、かつ、宇沢さんの仕事と米子をうまく入り込みながら番組にし、丁寧な人物記になっている。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

eiga worldcup 2017 自由部門 はじまりの前に

埼玉県立芸術総合高等学校

放送セミナー戦後70年 「戦時下の鈴鹿市 戦争の記録と記憶」 「戦後の鈴鹿市 軍都から緑の工都へ」

ケーブルネット鈴鹿:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   戦後70 年を機に、戦中・戦後の鈴鹿市の歩みをまとめました。軍都として生まれた鈴鹿市には、多くの軍需施設が作られ、苦難の道を歩みますが、戦後は、幾多の努力と逸話を重ねて、「軍都から緑の工都へ」と変わることができました。戦中・戦後の記録と記憶。それは一人ひとりの小さな体験から、市政の舵取りまで、鈴鹿市民の心の原点なのです。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

KCN情報発信スタジオ Kスタ!(2018/11/20)

【トピックス】 ・近畿六都市中学校野球大会 準決勝 奈良市立飛鳥中学校vs大津市立南郷中学校/決勝 飛鳥中学校vs神戸市立広陵中学校(11/18 ならでんスタジアム)  【お知らせ】12/1 橿原市で開催!竹内街道・横大路(大道)まつり  【ピックアップTHEなら】 正暦寺の紅葉情報(奈良市)リポーター:新田佳津子

この坂のぼれば9月長崎精霊流し2016編

9月のこの坂のぼればは長崎のお盆の風物詩 精霊流しの模様をお送りします

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.10「いも代官 井戸平左衛門ものがたり」(2017年1月分)

江戸時代中期、享保の大飢饉の際に石見銀山領の代官だった平左衛門は、年貢の取り立てを減らしたり、やせた土地でも育てられるさつまいもを伝えて領民を救い、今でも「いも代官」と親しみを込めて呼ばれています。 番組では、隠岐でも石碑が多く建てられている「いも代官・井戸平左衛門」をアニメで紹介。 そして、隠岐に残る石碑に刻まれた名前が、なぜか「井戸平右衛門」になっていたり「伊藤平左衛門」になっている謎について調査します。

高校球児の夏 福大大濠高校

夏の高校野球 福岡県大会の注目校をご紹介します。

わがまちの風景【大阪市西成区南津守】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

あなたにおすすめ

ありがとう 三浦屋

ケーブルテレビ品川:制作   第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞   半世紀続いた北品川にある老舗天麩羅屋「船宿天ぷら 三浦屋」がのれんを下ろした。江戸前にこだわったネタと継ぎ足しのタレが人気だった三浦屋は、堀江雅子さんと娘夫婦が切り盛りしていた。生粋の品川っ子。大の神輿好きの雅子さん。閉店日は、品川神社の例大祭の最終日に決めた。番組では、この「三浦屋の最後」を追いかけました。

世界農業遺産-高千穂郷・椎葉山地域-

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 高千穂郷・椎葉山地域は、面積の9割以上を森林が占める。林業と共に原木椎茸の栽培や、日本で唯一継承されている焼畑、山を切り拓いて作られた棚田での米作りなど、独自の伝統農法が継承されている。これらは、地域共同の作業によって維持されるものが多く、各地区で受け継がれる伝統芸能「神楽」によってコミュニティが形成されてきた。一方、過疎化による人口減少により地域の将来を担う人材不足などの課題もある。これに対し、地元の高校では独自の農村文化を伝える授業も始まり、世界農業遺産を契機とした地域の再生が期待されている。 【審査員コメント】 色がすごかった。自然が持っている豊かな色がいろんなところに出てきたと感じた。朝とか夕方とか時間によっても違うところが良く出ていた。

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

ケーブルテレビ佐伯:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞   平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

ブラインド シンクロクラブ ~いつか白鳥になる~(ダイジェスト)

横浜ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 2016年4月、視覚障がい者のみなさんが中心となったシンクロナイズドスイミングクラブが旭区にある神奈川県ライトセンターで立ち上がりました。 シンクロの醍醐味は振りをあわせること。メンバーが演技を成功させるためには音だけがたよりです。そんな状況の中、11月の発表の成功を信じ、練習を続けるメンバーの7か月間に迫りました。「もっと右」「向きが反対!」などプールに響く指導者の声に自分の感覚を磨いていくメンバー。少しずつ増えていく振付を習得しながら、高度な技にもチャレンジしていきます。すべての振付が完成したのはなんと「発表の1週間前」。不安を抱えながらも成功を信じ、本番直前まで練習を続けられました。そして迎えた本番・・。決してすべてがうまくいったわけではないけれど、メンバーの気持ちが一つになった瞬間、1羽の白鳥が飛び立つ姿が見えました。 【審査員コメント】 ユニークな題材。視覚障害を持つ主婦がシンクロに挑み発表会に向かう映像だが、軽やかに作られていて方が凝らない作品。さりげなく失明の心理、人生を描き、でも楽しんでいることを伝えていて、感情移入してしまった。発表会の成功を祈っていたが、フォーメーションなどあまり成功とは言えなかったかも知れないが、一羽の白鳥が飛び立つ姿が見えたというナレーション、皆頑張ったという感じですっと受け入れら、面白い作品だと思った。

ピックアップ

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「ロコモヨガ138」をご紹介します。

秋田高専

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田工業高等専門学校を紹介します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】明治大学付属中野高等学校

昭和6年創部、86周年を迎える明治大学付属中野中学・高等学校野球部。今年のチームの特徴は、ピッチャーを中心に「守り勝つ」チーム

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】多摩大学目黒高等学校

チームのスローガンは「全員野球」。早打ちやバランスボードを使用してのバッティングなど練習方法を工夫してチームを強化。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 上野学園】

上野学園野球部は 今年で創部から、10年と比較的新しいチームです。 2010年夏の大会ではベスト16に入り、今年は更に上位をめざします。 エースの傍島選手は主力打者でもあり。上位を目指すチームの中心選手です。 上野学園野球部は革命・レボリューションを合言葉にチーム一丸となってこの大会に挑みます。

Back Revenge(予告編)

大阪学園大阪高等学校 映画部 制作作品 三年の引退作品になるので一生懸命力を入れて撮影しました。今回の作品は沢山の人に友情出演していただいたので、楽しく撮影できました。編集にも力を入れましたので楽しんで観ていただけたらと思います。

おしえて!獅子舞テレビ #28長慶寺(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第28回:長慶寺(後編) ・獅子舞対決コーナー ・密着ドキュメント ・レジェンドの舞 ・獅子舞ダイジェスト ほか

おしえて!奈良医大06

奈良医大の先生に「知っておきたい病気のあれこれ」や「気になる体のあれこれ」について、わかりやすく教えていただく番組です。 今回は「外反母趾」について伺います。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 習志野 対 栃木

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

秋のタイラバin瀬戸内海

今月の我ら海遊人は、多度津マリーナより出船し秋の瀬戸内フィッシングを満喫します。ゲストは、久しぶりとなる釣りガールりんかちゃん登場! 秋の瀬戸内は魅力いっぱい!どんな大物が飛び出すか??ぜひご覧ください!!