南九州ケーブルテレビネット株式会社

広報きりしま×MCTのコラボ番組

番組紹介

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、絶滅危惧種であるクロツラヘラサギについてご紹介します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】冬山登山を楽しもう!

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、冬山登山で霧氷や韓国岳の白く輝く景観を楽しんできました。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】えびの高原屋外アイススケート場.MXF

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、日本最南端の屋外アイススケート場【えびの高原屋外アイススケート場】をご紹介します。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】ジオの恵み 金の郷をめぐる

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。ナビゲーターは霧島ジオガイドの大尾桂久さん。かつて金の産出量日本一を誇った横川町山ヶ野金山。実は金はジオと深~い関わりがあるんです。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】水が作り出す風景~真米甌穴群~

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、長い年月をかけて水が作り出した、霧島市牧園町にある真米甌穴群をご紹介します。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】夏は涼しいえびの高原へ!

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回はえびのエコミュージアムセンターを紹介します。霧島ジオパークのビジターセンターで館内は霧島の自然に関する展示が充実しています。また、天気や火山活動に関する情報も毎日発信しています。夏は平地より涼しいえびの高原に出かけてみませんか?

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】日本ジオパーク霧島大会について

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、今年10月27日から29日までの3日間霧島市で開催される第6回日本ジオパーク全国大会について、霧島市のジオパーク推進課のみなさんに大会の見どころを紹介してもらいました。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】成立学園高等学校

4年ぶりの甲子園出場を目指す成立学園高等学校野球部。 キャプテンが中心となって練習を組み立て、監督やコーチからアドバイスを貰いながらチームを育ててきました。部員の中から「学生コーチ」と呼ばれるポジションを設けたことが大きな特徴。「学生コーチ」は、練習をはじめ、チーム全体をサポートし、選手たちの生の声を拾い上げ、練習に生かしています。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 新潟商 対 中村学園女子

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】東海大高輪台

現在、マネジャーを含む113人の部員が所属。 今年のモットーは「一戦一戦大切に全力で臨む」。 つなぐ打線で勝利をもぎ取り目指すは甲子園出場です

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.99.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

What’s×BOSAI#1

肩のちからを抜いて、カジュアルに。 防災のある日常生活がイイと思う。 何かと何かを結びつけて楽しく愉快にBOSAIを考える新感覚コンテンツ。 オシャレでイマドキな防災グッズを紹介する「GOODS×BOSAI」や、エコノミークラス症候群を予防する「YOGA×BOSAI」、段ボールでマイトイレを作る「Carton×BOSAI」。 「防災」と日常とを結びつける「楽しくて」「愉快な」ショートコーナーを詰め込みました。

あなたにおすすめ

神保シェフと茨城をたべようvol.9

神保シェフと茨城をたべようvol.9 ★料理好き女子にオススメ★ 東京・表参道の「HATAKE AOYAMA」のオーナーシェフ・神保佳永(茨城県出身)が、毎回、視聴者のリクエストに応えて、茨城県内の農家で採れた旬の食材を使ったオリジナル”簡単レシピ”をご紹介! 第9回「白菜を使った料理」(全12回) 協力:茨城県・日立市・茨城をたべよう運動推進協議会

うらら館林版  9月4日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、の明和町「明和町母子会」との「エバーグリーンファーム株式会社」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

うらら栃木版 1月1日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、下野市の「薬師寺八幡宮」と栃木市の「日本郷土民謡協会栃木連合 喜峰会」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

うらら結城・筑西版 10月30日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、結城市の「ヒマラヤン アジアンダイニング&バー」と筑西市の「結城市民情報センター 天体ドーム」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

うらら館林版   10月16日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、明和町の「駅前プラザ メイちゃん家」館林市の「こばやし接骨院 本院」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

ピックアップ

まる○ひたち散歩#14「awake」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「awake」

人と地域の物語~長野電鉄屋代線~

2012年3月31日、90年の歴史に幕を閉じ、廃線となった長野電鉄屋代線。屋代線と共に人生を歩み、深くかかわった4人を追いました。 消えゆく地域の公共交通に対する思いや地域への影響、そして言葉にできないそれぞれの思いを伝えます。

UP!アップ!関ガール シーズン2vol.30

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

SCENARIO(予告編)

米子工業高校 映画研究部 制作作品 主人公が映画製作が進むにつれて殺人鬼に変わっていく様子に注目してご覧ください。

Ingress A GoGo!(2)

今や誰しもが持っているスマートフォン、連絡ツールに限らず情報収集やゲームツールとしても多く利用され楽しまれています。 そんなゲームアプリのなかでも、異彩を放ち注目を集めているのが、GPS連動アプリの「Ingress」です。このゲームアプリは現実の世界が舞台となっており、 今や地域活性化のツールとしても感心が高まっています。 「Ingress A GoGo!」はこのゲームアプリを介して秋田の魅力を再発見していく番組です。ゲーム内の「ポータルキー」は実際に存在するモニュメントや街の看板です。番組ナビゲーターが実際に足を運び、普段見逃していた街の風景を、新米エージェント・えりかが、ゲームを介して歴史やバックボーンをお伝えし、ポップな雰囲気でリポートしていきます。

超次元おにごっこ

秋田県立秋田高等学校 映画同好会 制作作品 おにごっこなのに、おにごっこらしくない!?常識はずれのおにごっこが今始まる!

金足農業高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立金足農業高校を紹介します。

対馬に住むいきものの物語NO1

長崎県を代表する哺乳類ツシマヤマネコ。国の天然記念物にも指定されています。 そんな対馬には、昔大陸とつながっていたことを示す貴重な動植物が生息しています。 今回のかえる先生のいきもの交遊録では対馬に住むいきものたちをご紹介します

J070 復讐の紐

立教新座高等学校映画研究会 制作 犯人を推理してください!

土崎港曳山まつり

国の重要無形民俗文化財に指定されている土崎神明社の例祭である、「土崎神明社祭の曳山行事」は、秋田の夏を熱く彩る「土崎港曳山まつり」の愛称でも親しまれています。  曳山行事は大変古くから行われていたようで、宝永2年(1705)、神輿渡御(みこしとぎょ)が行われたという記録があり、寛政元年(1789)の祭りを見た津村淙庵の「雪のふる道」に、たくさんの曳山が曳かれている様子が描かれています。