海士町

隠岐★ドキ!あまチャンネル・ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」

提供元:海士町

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

隠岐ドキ!あまチャンネル、今回からまた新シリーズが加わります。
名づけて「ドキュメントAMA」、隠岐海士町の産業、自然、暮らし、人、など、さまざまな分野にカメラを向けて、現在の海士町を記録に残します。

第1回目となる今月は、海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」を追いかけました。

中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。
そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。
この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。

じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。

「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。
また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

隠岐★ドキ!あまチャンネル2018年1月号『ふるさと映像ライブラリー~隠岐の冬は美味しい季節~

隠岐★ドキ!あまチャンネル「ふるさと映像ライブラリー」シリーズの第二回目。 今回のテーマは「隠岐の冬は美味しい季節」ということで、過去にあまチャンネルで放送したグルメリポートや海士町食材の紹介ビデオ、さらには地産地消の料理コーナーなど、隠岐の冬の食にスポットを当てて番組を進行します。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.1(2016年4月放送)

2016年4月に放送された隠岐★ドキ!あまチャンネル記念すべき第1回目のリメイク版。テーマは「ナマコ」 隠岐の干しナマコは、そのむかし都にも献上されていたという由緒正しき歴史のある特産品。 その干しナマコづくりを復活させた若き社長が、ナマコの驚きの生態を語ってくれます。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.13(2017年4月放送)

2017年4月に放送された『隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.13』のリメイク版です。 地元海士町の住民にもあまり知られていない2つの場所をご案内します。 まず一つめは、「獅子カバチ」という謎の生物?・・かなにかを探しに、アイランダースたちが山に分け入って調査します。 2つめは、なぜか離島に城跡が! その名も『因屋城』という、歴史ロマンあふれる響き。 町の文化財保護審議委員さん三人に案内してもらいます。

第22回キンニャモニャ祭り~踊れ!海士の夏の祭典~

隠岐の離島、海士町で生まれた民謡「キンニャモニャ」をご存知ですか? 「キンニャモニャ」とは、両手のしゃもじを打ち鳴らしながら踊るユニークな民謡。 人口約2,300人の海士町で、約1,000人もの人がキンニャモニャ踊りでパレードするのが、海士町最大のイベント「キンニャモニャ祭り」です。 キンニャモニャ誕生から140周年となる今年、「第22回 キンニャモニャ祭り」(2017年8月26日開催)のパレードと海上花火大会の様子を、 海士町史上初、島根県内本土のケーブルテレビ全局へ生中継しました。 この番組は、生中継したキンニャモニャ・パレードと花火大会を中心に、 隠岐民謡からジャズやフォークなど多彩なパフォーマンスがそろった芸能ステージのダイジェスト映像も盛り込んだ特別番組です。

隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.25(2018年4月分)ふるさと映像ライブラリー「海士の春」

今回はふるさと映像ライブラリーのシリーズです。 早春の隠岐海士町の様子を、いくつかのシーンをピックアップしてご覧いただきます。 特にこれまで番組で取り上げなかった、多井、日須賀、家督山のシーンは是非ご覧いただきたいです! 三箇所とも、絶対に自分の足で歩いてみたくなる、そんな場所です。 今回はナレーションやシーンチェンジも控えめに、春のゆったりとした雰囲気を味わっていただきたいと思って制作しました。 今後とも、「ふるさと映像ライブラリー」のシリーズをよろしくお願いします!

隠岐ドキ!あまチャンネル・ふるさと映像ライブラリー「海士の秋」.mxf

今月も隠岐ドキ!あまチャンネルの新シリーズがスタートします。 隠岐の今を未来に伝達するための番組、「ふるさと映像ライブラリー」です。 第一回目のテーマは、「海士の秋」 はるか昔の火山活動で海中に形成された隠岐島前カルデラには、元々広い平地はありませんでした。 それが、約280万年前に中ノ島の明屋海岸で起きた火山の噴火で、海士に広い平野が誕生しました。 これは、後にこの島の歴史を変えるような大きな奇跡でした。 豊かな実りに恵まれた島の秋。 しかし、その実りを与えてくれる生きものにとっては、命がけで己の生に決着をつける、海士弁でいうところの『だめつめ』の季節でもあります。 番組では、植物や昆虫の『だめつめ』のはなしを軸に、秋の風景の中を散策しながら隠岐の地質や歴史についてもご紹介します。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

C010 Documentary of メッケ犬

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 学校法人羽黒学園羽黒高等学校 ITメディアサイエンスクラブ こんなお祭りがあったのか!という発見から制作しようと思いました。地元を離れる人に魅力を再発見でき、大山を知らない人にも魅力が伝わる作品になれば幸いです。撮影に協力して頂いた多くの方に感謝申し上げます

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立秋留台高等学校

去年を上回る3回戦突破が目標。誰からも応援してもらえるような、感動を与えられるチームを目指す!

C003 なごやのなごや人によるなごやのための高校生クイズ

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 愛知県立昭和高等学校 映画研究部 名古屋について名古屋市民でも知らないようなことをクイズにしました。どの都道府県の方でも楽しめる内容になっていると思います。

C037 雲を恋う

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 独立行政法人国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校 放送部 これは寮生活をし、実家を離れている僕の実体験に基づく話です。僕にとってのふるさとが何かを考え直すためにも制作しました。ただし約20%は妄想でできています。シスコンで何が悪い。

あなたにおすすめ

Akita dog Daisuke & Sakura meet "Top Athletes"

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「Akita dog Daisuke & Sakura meet "Top Athletes"」です。ぜひご覧ください!

映像詩いき7月

長崎・壱岐の島には神社やお寺がたくさんあります。そこへ行くと何かに守られているような感じがして、和の雰囲気が心を和ませてくれます。 そして夏の海も素敵ですが、その前後の人がいない砂浜も潮騒と遠くに鳥の鳴き声が聞こえてきて心が癒やされます。 この番組は詩と映像を意図的リンクしないように制作しています。 テーマは決めていますが、詩の創作する世界を大切にしたいと思っています。 別々に制作して、詩を映像に合わせたり、映像を詩に合わせたりはしていません。 なので音と映像が合っていないように感じられると思いますが、そう感じられるのも番組の魅力のひとつと考えています。 壱岐の魅力を言葉と映像で自由に感じて楽しんで頂ければ幸いです。

おしえて!獅子舞テレビ #37西部金屋(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第37回:西部金屋(前編)※読み:にしぶかなや ・ある方が大勢いる!? ・メス獅子の特徴は? ・演目の人選発表 ・オスメス獅子の共演会 ・5分で分かる獅子舞講座  「#15 私たちはどうして獅子舞が好きなのか?その1」

NAGASAKI水中散歩#20 泥場のいきもの

長崎の中央にある超閉鎖性水域の大村湾 水の入れ替わりが少ない大村湾にも様々ないきもの住んでいます。 今回は、この大村湾の湾口近くに堆積した泥場にはどんな生き物がいるのかを観察します

CATCH UP #17曽爾の獅子舞

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。今回は地域に伝わる伝統行事の裏側を『CATCH UP』! 奈良県東部にある曽爾村は、自然豊かな村として知られ、ススキで有名な『曽爾高原』や国の天然記念物に指定されている『屏風岩』など、見所も多くたくさんの観光客が訪れます。 村の中心部にある門僕(かどふさ)神社で毎年10月の秋祭りに奉納される『曽爾の獅子舞』は、約300年の歴史があり曽爾村の三大字で系統の違う獅子舞でとして受け継がれ、アクロバティックな舞い方や所作の美しさなどから県の無形民俗文化財に指定されています。 秋祭り本番を目前に控えた9月頃から、三大字の子どもたちをはじめ厳しい練習を繰り返し行っています。 脈々と受け継がれてきた『曽爾の獅子舞』をさらに発展させ後世に伝えていこうという皆さんの熱い思いがそこにはありました。 今回は曽爾の獅子舞を守り継承するみなさんを追いました。

ピックアップ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立富士森高等学校

大きくて重いソフトボールやハンドボールを打つ練習で、打線強化に取り組んだ富士森。「闘魂」をキャッチフレーズに、甲子園を目指す!

Y063 見えゆく景色(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作あのとき彼が見ていた景色は見えているようで見えていなかった。高校時代の恋愛なんて呆気ないけど友情はかけがえのないもの。

レーシングスピリット 2016年5月号(Honda鈴鹿レーシングチーム 亀井雄大選手)

本田技研工業株式会社鈴鹿製作所の社内クラブチーム「Honda鈴鹿レーシングチーム」。従業員ライダー亀井雄大選手のレースに密着しました。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日体大荏原

大田区池上にある日本体育大学荏原高等学校。 野球部員数は1年生50人、2年生48人、3年生18人、マネージャー1人の計117人です。 今年のチームは1番から9番までのどこからでも打っていける打線と 出塁後は確実に塁を進め点数を取っていける機動力が大きな特徴です。 今年の春の大会では帝京高校に惜しくも敗れましたが、 この試合での経験で自分たちの得意な勝ち方が分かってきました。 あれから成長したチームの実力を夏の大会で遺憾なく発揮し、 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】正則高等学校

今大会の目標として口を揃えていうのが……帝京高校に勝ちたい。 昨年の夏の大会では、3回戦で当たった帝京高校に4対2で敗れた正則高校。 強豪校と互角に渡り合ったことが選手たちのモチベーションにも繋がっています。

洛西いきものグラフティVol.1

京都市が誇る生物多様性のまち、「洛西ニュータウン」。 自然と人が共に生きるこのまちの四季を通じて、生物多様性の重要さを再発見します。 Vol.1は、「生物多様性とは?」。竹林を切り拓いて誕生したニュータウン、街路樹の魅力を紹介。他にはなかなか見られない街路樹の多様さを、当時の開発に携わった方が語ってくれました。

スラセる!~斜面地ゴミ回収物語~

斜面都市長崎ではスラセと呼ばれる独特のそりを使った ゴミ回収がおこなわれています。

まる○ひたち散歩#34「Grazioso」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! #34「Grazioso」

いつの時も青かった空

都立青井高校 映像研究会 制作作品 空が青いことの意味を考えたことがあるだろうか。当たり前のこと、大切なことに気づけずに人は生きている。主人公は、幼馴染に起こったある出来事をきっかけに、空が青いことの意味をはじめて考えた。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年1月18日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は奈良市近鉄学園前駅周辺を散策しています。