J:COM

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立富士森高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

昭和39年に創部となった八王子市の富士森高等学校 野球部。チームの特徴は「団結力」の強さ。昨年以上に厳しい練習を耐え、総勢54名で心を一つにチーム力を発揮します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】明治大学付属中野八王子高等学校

偏差値は全国でも上位を誇り、文武両道を目指す72人の選手らは野球部伝統でもある「気迫は技をも制す」を合言葉に掲げます。ベンチに入れない部員の思いを胸に目指すは悲願の優勝です。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】本庄東高等学校

本庄東高等学校野球部は1965年に設立され、現在は83人が所属しています。限られたスペースで効率的に練習を行うため、自分たちで毎日練習メニューを決めて取り組んでいます。意見を積極的に出し合う「心のキャッチボール」をモットーに練習に励んでいます。

「高校球児の夏2016」(修徳高等学校)

葛飾区青戸にある修徳高等学校は春3回、夏5回の甲子園出場経験をもつ、東東京ブロック屈指の強豪校。今年の部員数は総勢102人です。 攻撃力に絶大の自信を持つ今年のチーム。一方で、夏の大会に向けては、課題の守備力強化にも取り組んできました。今年の夏は、泥臭く戦い、更なる高みを目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】創価高等学校

小平市たかの台にある『創価高校』 練習は毎日、学校が終わってから東大和市のグラウンドで行っています。 2007年の甲子園出場以来あと一歩甲子園への道が遠く昨年は準決勝敗退です。 そんな状況を打破するべく、今年は安定感ある守備に加えて、厚みを増した打線と足を使った戦術で力をつけてきています。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立実籾高校

県立実籾高校野球部は現在19人の選手と4人のマネージャーが日々練習に励んでいます。今年のチームは昨年よりも打撃力を強化し、守備力も安定させました。夏の大会出場経験を持つ3年生がチームを引っ張り、全力で初戦突破を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 あずさ第一高校

千葉市中央区弁天に千葉キャンパスを持つ、あずさ第一高校。 複数の都道府県で生徒募集を行う広域通信制普通科の高校です。 野球部には、現在19人が所属しています。指導する石浦監督によると、 今年は1番から9番までチャンスメイクできる打撃力のチーム。 特に上位打線は長打もあり、大量得点が狙えるとのことです。 2016年夏大会での4回戦進出が過去最高の成績というあずさ第一高校。 今年はそれを上回る5回戦進出を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

J031 僕と夢と君

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 現実だとうまくいかないことばかり。夢の中に逃げることができたなら?

UP!アップ!関ガール 谷口夕佳スピンオフ

関西のケーブルテレビを応援するための結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながらアイドルとして成長していくバラエティ!

ほんでミーゴ 2019年1月24日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週は近鉄生駒駅周辺を散策しています。

100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 千葉商科大学付属高校

部員、マネージャー合わせて92人の千葉商科大学付属高校は、秋の大会や市内大会でホームランを打っている選手が多く、今年は高い攻撃力が期待できるチームとなっています。 守りを固め、チームの士気をいかに鼓舞できるかが試合の行方を左右します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】松蔭高校

世田谷区北沢にある松蔭高校。今回のチームは、単打でつなぎ流れを引き寄せるスモールベースボールが信条。守っては正確な送球で相手の進塁を防ぎます。抜群の制球力を誇るエース・糸賀投手を軸に、手堅い野球で初戦突破を目指します。

あなたにおすすめ

レーシングスピリット 2016年8月号(TSR 鈴鹿8耐への挑戦)

この春、世界最高峰のオートバイの耐久レース「ル・マン24時間耐久ロードレース」で3位表彰台を獲得した地元チーム「TSR」。鈴鹿8耐に挑戦し続けるTSRのレースに密着しました。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 日本体育大学柏高等学校

柏市の私立 日本体育大学柏高校野球部には現在77人が在籍し、練習に励んでいます。特に3年生は体格が大きい大型選手が多いため、闘志あふれる打線でチームをリードしています。去年の夏は2回戦敗退の成績でしたが、チームのスローガンである「商店が百貨店を倒す」を胸にベスト4を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立日野台高等学校

現在、校舎の耐震補強工事が進められているため、野球部はグラウンドを使うことができず、外部の球場などを借り練習しています。

レーシングスピリット 2015年7月号(SUZUKA Sound of ENGINE)

5月23日・24日に鈴鹿サーキットで初開催されたヒストリックイベント「SUZUKA Sound of ENGINE」。往年の名車が一堂に会したイベントのレポートをお届けします。また、1987年、鈴鹿サーキットで初めてF1日本グランプリが開催された当時の秘話を、鈴鹿サーキット総支配人荒木正和氏が語ります。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 市立千葉高校

稲毛区小仲台にある、市立千葉高校。野球部には、現在、マネージャーを含め、42人の部員が所属。最後まで粘り強く守り、全員でつなぐ攻撃が特長です。

ピックアップ

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立流山北高等学校

県立流山北高校野球部には現在18人が所属。「一球一学」をスローガンに掲げ、一球ごとに魂こめて試合を展開し、まずは一勝を掴み取ります。今年は個性豊かな選手がそろった流山北高校野球部。それぞれが個性を発揮し、勝利という目標に向かって突き進んでいきます。

ニュースウォーカー1111放送「槍ヶ岳に刺さる夕日」

11月11日放送のSTVニュースウォーカーから、北アルプス・槍ヶ岳に刺さる「夕日」をご紹介します。今年はどんな景色?

J020 探偵同好会VS怪盗同好会

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 昭和第一高等学校 映画制作同好会 人間の心情を表した作品となっております。喜怒哀楽、様々な感情が渦巻き非常な現実を突きつけられる。そんな中で彼らはどう行動するのか?最後に意外な結末が・・・。上映時間20分で疲れることなくご覧出来ます。

アカムツ狙いin足摺岬沖 前編

今月の海遊人は、毎年恒例アカムツのジギングをお送りします。 足摺岬沖の水深250メートルがアカムツのポイント。 強風、うねりとコンディションが悪く、本命ポイントに入れず苦戦必至。 シーフロアコントロールの弘田さんと貴重な1匹を釣り上げるため、奮闘します!

ならカフェめぐり「いとをかし」橿原市 今井町 Hack berry

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2016年5月)

Kパラnext Tuesday2017年11月7日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!(中継:近鉄 楽元気ファーム)

うらら結城・筑西版2月18日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」!今週は、結城市の「池田酒店」と結城市の「甘味 茶蔵 真盛堂」をご紹介します!「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

こころ百景 富山の酒蔵~富美菊酒造

富山の美しい自然とそれを愛する人々を紹介しています

福丸がゆく2018年3月26日放送 尼崎市塚口本町

今回訪れたのは尼崎市塚口本町。 創業明治35年の老舗鮮魚店での出会いや、 塚口商店街の理事長とのお話しなど、 いつもながらの突然訪問にもかかわらず、 温かく迎えていただきました。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。