J:COM

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立磯辺高校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

千葉市美浜区磯辺にある県立磯辺高校。
野球部には、マネージャーを含め40人が所属。
三年生の多くが去年の夏の大会を経験しているチームです。
全力疾走、全力発声の「磯辺プライド」を掲げ、この夏の大会に挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】和光高等学校

公式戦で実力が発揮できる度胸の良さがあるチーム。先制すると勢いがある。昨年のメンバーが半数残り、昨年よりパワーアップした3年生引っ張る。エースを中心に有終の美を飾りたい。

高校野球2018 東筑高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立東大和高等学校

文武両道を掲げる東大和高校は過去に2度西東京大会の決勝まで進み、「元祖・都立の星」として、悲願の優勝を狙います。

さっぽろ見聞録「リニューアルされた中央図書館」

札幌市内の様々な地域の歴史や文化、話題などを紹介しその魅力を伝えるミニ紀行番組。今回はリニューアルされた「中央図書館」を紹介します。 図書館のあり方も、いま、かたちを変えつつあります。「本の森」としてリニューアルした中央図書館では、来館して本や雑誌を読むだけでなくデジタル化された本をネットを通して見ることができます。それに加え館内も居心地の良い空間として変化。本と接する楽しさをお伝えします。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】駿台学園高等学校

駿台学園高等学校の野球部は、1年生25人、2年生20人、3年生33人の総勢78人。打撃力を武器とし、1番から9番のどこからでも得点できる打線を目指し、日々の練習に励んでいます。 夏の大会では、昨年秋のベスト16という成績を上回るベスト8を達成し、その先にある甲子園出場を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】東海大学付属高輪台高等学校

去年の夏は惜しくも決勝戦で涙を飲んだ東海大学付属高輪台高等学校野球部。練習は、さいたま市にあるグラウンドにバスで1時間移動して行っています。部員は総勢120人。チーム全員で、この1年間、厳しい練習を重ねてきました。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ぎふでないと(獅子座)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市高岩町にある「獅子座」にぶらり立ち寄ります。 しかし!今月は特別版!“いちはしだいすけ”に代わり、“なすふみあき”が 気ままに歩きます!いつもとは少し違う「ぎふでないと」をお楽しみに!

福丸がゆく2017年8月7日放送 大阪市住之江区御崎

福丸がゆく2017年8月7日放送 大阪市住之江区御崎

J033 アドレッセンス

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 国府台女子学院 映画部 中1から高2が団結し、さらに今年は演劇部にも協力してもらい作品を作り上げました。ストーリーは双子という複雑な関係をテーマとして、最後まで展開が分からない作品になっています。是非ご覧ください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立足立新田高等学校

足立区新田にある足立新田高校。 1年生21人。2年生25人。3年生28人の合計74人。 チーム内の厳しい競争にも勝ち、試合でしっかりと結果を残すため、 毎日、練習に取り組んでいます。 内野の守備力、打線の活躍にも期待できるという今年のチーム。 同じ目標に向かってチームをまとめるのは、キャプテンの小野選手です。 悔しさを力に変えて、夏の大会に向かいます。

わがまちの風景【尼崎市猪名寺】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】桜美林高等学校

73名の部員が所属。 春の大会では三回戦負けを記しましたが、過去には甲子園出場も果たしている 西東京の強豪の一角です。 攻守ともにバランスの取れたチーム。 屋内練習場では、夜遅くまで選手たちが練習に励んでいます。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立大森高等学校

大田区西蒲田にある都立大森高等学校。野球部員数は、1年生10人、2年生7人、3年生3人、マネージャー3人の、合計23人です。今年のチームは、上位から切れ目のない打線で相手に打ち勝つ野球が特徴です。そして打力と同じくらい走力の強化にも力を入れています。目の前の試合に全力を注ぎ、一戦必勝で甲子園を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】立志舎高等学校

これまで夏の大会でのチーム最高成績は、2013年夏の4回戦進出です。 新チームになってから1年を迎えますが公式戦では、まだ勝利がありません。 現在、10人の3年生を中心に36人が練習に励んでいます。 キャプテンは、3年生の西原 魁士選手。 主力打者の1人で、状況に応じたバッティングを得意としています。 4番を務めるのは、3年生の柳澤 志龍選手です。チーム一の長打力を誇ります。 そして、俊足を生かした出塁率が魅力なのが、3年生の平岡 玲哉選手。 弟も同じチームに所属していて、兄弟そろっての活躍が期待されています。 今年の立志舎は、個々の能力も高く、チーム全体の戦力もアップ。 まずは、一勝を目指して、夏の大会に挑みます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】西武文理高等学校

西武学園文理高等学校は、入間川の流れと武蔵野台地に囲まれた 狭山市柏原にあります。 野球部は1981年創部、去年の埼玉県大会、今年の春の大会とベスト8。 部員77人が持ち前のチーム力を発揮し全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 我孫子二階堂高等学校

野球部創部当初から続く「心の野球」をモットーに野球だけでなく、私生活や学校生活を大切にしながら日々練習に取り組んでいる我孫子二階堂高校野球部。今年は投手力・攻撃力・守備力ともに非常に充実した選手がそろっているそうで特に守備では1点を大切にする野球を目指します。選手全員が一丸となって憧れの甲子園の舞台へ駆け抜けます。

ピックアップ

おすすめ!グルメ図鑑2015年12月号

今回は番組初!依頼者と一緒にレポートします! その依頼者とは…レポーター見取り図の1年後輩にあたる漫才師プリマ旦那・河野さん! フルマラソン3時間切りを目指してトレーニング中のため 「ヘルシー且つ、ボリュームのある料理が食べたい」というわがままな依頼を基に冬にぴったりな料理を紹介します! 依頼者の河野さんは満足できたのでしょうか…!?

ちば♪うみ

屋久島おおぞら高等学校 映画研究部 制作作品 千葉といえばきれいな海!そしてその海の恩恵を受けあたたかい心を持った人たちが暮らしています。天気は悪くても、海は荒れていても、気持ちが沈んでいても、あたたかい心はそこにあります。

what a beautiful place!~なんて素敵な場所でしょう!~

信州長野県、北信濃の美しい風景を次世代映像4Kで撮影しました。是非ご覧下さい。

Y043 酸とアルカリ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立松山高等学校 映像制作部 この話の見どころは、タイトルの通り、酸とアルカリの中和を人間関係で表現したところです。話の急な展開にも注目していただきたいです。

2018となみ野の風景「KIRAKIRAミッション2018」

2018年12月。となみチューリップ公園は今年もイルミネーションで彩られています。およそ十万球のイルミネーション。となみの冬の風物詩。幻想的な光の世界が訪れる人に安らぎの一時を与えてくれます。(2018年12月)

C054 ここは埼玉、泳げない街

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 モノローグをがんばりました。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 ARUKAS KUMAGAYA 対 日本体育大学ラグビー部女子

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

わがまちの風景【大阪市9区 さくら特集】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

Y061 妄想したってイイじゃない! 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 独立行政法人国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校 放送部 親友の有紗と憧れの先輩を巡って喧嘩し、夏休みに遊び相手がいなくなった奈々。新たに紹介してもらったのは超変人のあんず。しかし、あんずもまた、恋(?)のライバルだった。彼女たちの歪んだ愛の形に注目です。

なるほど!聞きコミテレビ#66木津校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第66回:木津校下 テーマ「高岡がもっと盛り上がるには?」