イッツ・コミュニケーションズ(株)

めざせ!甲子園2018 目黒学院高等学校

番組紹介

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。

目黒学院高等学校のスローガン・意気込み:「スモールベースボール」

【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】
https://www.itscom.net/089

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

めざせ!甲子園2018 大田桜台高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 大田桜台高等学校のスローガン・意気込み:「常笑野球」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

めざせ!甲子園2018 目黒高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 目黒高等学校のスローガン・意気込み:「日進月歩」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

めざせ!甲子園2018 日出高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 日出高等学校のスローガン・意気込み:「一戦必勝」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

目黒区動画ニュース(2016年7月15日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 7月3日・日曜日、目黒区古民家で イベント「七夕飾り作り」が行なわれました。 目黒区碑文谷、「すずめのお宿緑地公園」内にある目黒区古民家。 江戸時代に建てられたとされる主屋の中には、 囲炉裏やかまどが残されていて まるで昔の時代にタイムスリップしたかのような 雰囲気を味わうことができます。 ここでは毎年、七夕の笹に飾りをつけるイベントを開いています。 雰囲気のある古民家で、日本の伝統行事を伝えるために行われた 「七夕飾り作り」の様子をご紹介します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京学園高等学校

部員は1人。都大会に出場するために周辺高校の4連合チームで出場。東京学園の最後の試合になりますが、連合チームで出場して先輩の伝統を受け継いで最後まであきらめないで頑張りたいと思います。

めざせ!甲子園2018 雪谷高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 雪谷高等学校のスローガン・意気込み:「覚悟」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

J054 君が笑ってくれるなら

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 愛と勇気と友情のつよさ、だささ。笑いながらも、心のどこかで感動できる作品です。

20180518 北信濃の美景.MXF

高精細映像の4Kカメラで収録した北信濃の素晴らしい景色をゆったりとお伝えします。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立第四商業高等学校

練馬区貫井にある都立第四商業高等学校。 この日の天候は、あいにくの雨。 練習メニューは、全ての動作の基礎となる 下半身強化を目的とした筋力トレーニングを行っていました。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 翔凜高等学校

君津市の翔凜高校では「妥協せず、一戦一戦を大切に」を心掛け、夏の予選での勝利のため部員それぞれが日々の練習に励んでいます。打撃陣は昨年以上の仕上がりを見せており、チャンスで確実に得点し勝利に貢献することが期待されています。練習でもチームワークを意識して互いを高めあう翔凜高校野球部。強豪校に勝って甲子園出場を目指します。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年12月7日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は京都府相楽郡精華町を歩いています。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

25歳の青年指揮官が率いる東京高専。学校近くの坂道を走って鍛え上げた強靭な足腰で、強豪校撃破を狙う!

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】日本大学鶴ヶ丘高等学校

2014年夏、西東京大会を制し甲子園への切符を勝ち取った 日本大学鶴ヶ丘高校。 野球部専用グランドを持つ甲子園常連組とは違い、 サッカー、アメフトと共同の練習場。また住宅地にあるため、 練習は午後7時まで。 限られた環境の中で、日鶴(にっつる)の練習に 無駄な時間はいっさいありません。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立五日市高等学校 +都立瑞穂農芸高等学校+都立田柄高等学校 (連合チーム)

平日に合同練習が出来ない連合チームは週末、五日市高校のグランドに集まり、練習を行っています。部員が足りず連合という形での出場となりますが、野球が好きという選手の気持ちは他の高校と変わりません。

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#30-34】

5月27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#30-34試合の模様をお届けします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校。野球部の創部は1945年。部員数は、マネージャーを含めて19人です。 今年のチームのスローガンは「下剋上」 強豪校に打ち勝ち、過去の最高成績であるベスト16を上回るベスト8進出を狙います。 そんな両国を率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 このチームに欠かせない存在なのが3年生の大石遼選手。持ち前の明るい性格でチームを盛り上げます。 キャプテンは、エースの古澤知樹選手。持ち球はスライダーとカーブで、緩急をうまく使ったピッチングで、最後の夏の大会に挑みます。

ピックアップ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立田無高等学校

西東京市向台町にある都立田無高等学校。 野球部員数は、1年生15人、2年生11人、3年生18人、マネージャー4人の、合計48人です。 今大会では、日々の練習成果を120%出し、 過去最高成績のベスト16を上回れるよう、日々練習に取り組んでいます。

犬旅 Daisuke & Sakura@Tazawako,Senboku City Akita

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「犬旅 Daisuke & Sakura@Tazawako,Senboku City Akita」です。ぜひご覧ください!

善と悪の境目(予告編)

立教新座高等学校 映画研究部 制作作品 時が止まった演出にこだわりました。

天窓(予告編)

トキワ松学園高等学校 百色眼鏡 制作作品 女性にしか出せない幻想的な映像美と、迫真の演技。 こだわり抜いたロケ地でさらに緊迫するサスペンス。

アンドロイドのやりたい12のコト 第4回 岡島のオリジナルソングを作りたい!

ハイスクール漫才で日本一に輝いた高砂市在住の高校生漫才師「アンドロイド」がテレビの舞台でやってみたいことにひたすらチャレンジする番組!彼らがやってみたい12のコトとは…

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立秋留台高等学校

昭和25年に創部、誰からも応援され、感動を与えられるチームを目指しています。夏の大会では、「昨年を上回る結果を残したい」と練習に励みます。

日本障害者芸術団 2014未来への輝きコンサート 前編

肢体・視覚・内部等の障害をもつアーティストが芸術性の高い公演を実現しました。2014年11月1日(土)あましんアルカイックホール・オクトで行われたコンサート第1部の模様をお送りします。

それいけ爆釣中!vol.7

平成25年11月放送「今夜お前を食べちゃうぞ編」 お酒が飲みたい。 ただそれだけを目的に、宴会用の食べられる魚を釣りに行く。 後半のエギングが見もの!?

おしえて!獅子舞テレビ #25下黒田(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第25回:下黒田(前編) ・北陸新幹線開業祝う獅子舞 ・獅子頭チェック ・ゆっくりの舞 ・招待花で○○投げ!? ・酒や菓子を大盤振る舞い“いっぷくの口上” ・5分でわかる獅子舞講座「氷見の獅子舞」ほか

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】松山高等学校

90人が所属し、創部92年を誇る松山高校伝統の野球部。過去に他校で甲子園出場経験のある瀧島監督の指導の下着実に力をつけています。自分たちに必要なものを練習の中で見つけ、取り入れていく。練習から培われる自主性が松山高校の強さを支えています。