J:COM

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立板橋高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

板橋高校の魅力は、打ち出したら止まらないマシンガン打線。中でも打線の軸になるのは、チーム1の長打率を誇る谷選手と4番でキャプテンの浪井選手。今年は猛打で夏の大会の最高成績ベスト32以上、そして頂点を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立田無工業高等学校

西東京市向台町にある都立田無工業高等学校。 野球部員数は、1年生13人、2年生6人、3年生7人の合計26人です。 練習メニューは生徒たち自身が考え、雨の日でも、積極的に取り組んでいます。

粋、日本橋 老舗あるき♯1

日本橋の老舗の魅力をご紹介。今回はきんつば、飴の榮太樓總本舗に味と技の創意工夫を訪ねます。また、はいばら、千疋屋総本店、名橋「日本橋」保存会の活動も必見!

「高校球児の夏2016」(足立学園高等学校)

足立区千住旭町にある足立学園高校。創部80年を超える伝統を誇ります。練習場、埼玉県三郷市の番匠免運動公園内の野球場で行い、限られた練習環境の中で精一杯努力し、部員52人全員が一丸となって甲子園出場を目指しています。

三ツ木清隆の散策のすすめ 「真鶴半島・贅沢散策 絶景!歴史ロマン!グルメ!」

神奈川県の西部に位置する真鶴半島。 大海原の絶景と、自然の恵みを求めて 多くの人々が訪れる散策エリアです。 そんな真鶴を訪ねるのが三ツ木清隆さん。 ワクワクドキドキの体験と絶品グルメに舌鼓。 さらに人々との触れ合いに大感激。 真鶴半島、 絶景あり歴史あり海の幸ありの贅沢散策です!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

大田区本羽田にある都立つばさ総合高等学校。 野球部員数はマネージャーを含め合計16人。 今年は、5人の新しい仲間が加わり チームワークをはぐくみながら日々の練習に励んでいます。 つばさ総合高校では他の部活との兼ね合いがあって グラウンドを使える日があまり多くありませんが、 その分、基礎練習や走塁練習に力を入れ、 基本的な技術と体力をしっかりと身につけています。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平西高等学校

小平市小川町にある都立小平西高等学校。 部員はマネージャーを合わせ47人で、年々増加しています。 去年・おととしと夏の大会は3回戦で敗退。 その壁を超えるため今年はチーム1丸となって挑みます。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小松川高等学校

江戸川区にある「都立小松川高等学校」。 昨年創立100周年を迎えた伝統校です。 野球部の部員は総勢30人。夏の大会では、一昨年2回戦 昨年は4回戦進出と徐々に実力をつけ、今大会では大きな飛躍を目指します。 特に、11人いる三年生は、一年生から誰一人やめることなく最後の大会を迎えるそうで 一日でも長く、チームメイトと野球を続けるため、守備や打撃、それぞれの選手が 高い意識を持って練習に取り組んでいます。

豊臣家の石垣

昭和6年に豊臣時代の天守閣を模して再建された大阪城だが、最近になって豊臣期に造られた実際の石垣が発掘された。 過去と現在の大坂城を比較しながら、新たに大坂城の魅力を再発見する。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

大田区大森西にある大森学園高等学校。 野球部員数は1年生17人、2年生23人、3年生24人、マネージャー3人の 合計67人です。 春の大会までは自分たちの実力が思うように発揮できず 初戦・2回戦敗退という悔しい想いをしました。 夏の大会では、その雪辱を果たすべく一戦一戦をしっかりと戦い 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(三碓ドッジボールクラブ)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「三碓ドッジボールクラブ」に突撃。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

あなたにおすすめ

レーシングスピリット 2017年3月号(外国人エンジニア フィレップ・タマス)

レーシングガレージ・フヂイエンヂニアリング(三重県鈴鹿市)で働くハンガリー出身の外国人エンジニアに密着。彼が来日してまで情熱を注ぐプロジェクトとは。そして、外国人から見た日本、鈴鹿のレースの印象も聞きました。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立高島高等学校

2012年秋の東京都大会ではベスト8、 去年の夏の大会では東東京大会でベスト16に入るなど、活躍を見せる都立高島高校。 チームのスローガン「一球の緊張感」を掲げ、日々の練習に励んでいます。

めざせ!甲子園2018 筑波大学附属駒場高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 筑波大学附属駒場高等学校のスローガン・意気込み:「豪打炸裂」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 東京フェニックスRC 対 RKUラグビー龍ケ崎GRACE

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立船橋東高校

この夏の大会でベスト16という過去の記録を塗り替えたい!と意気込む船橋東ナイン。チーム一丸となって練習に励んでいます。今年は、守備でリズムを作り相手に得点を与えないプレーで頂点を目指します。

ピックアップ

それいけ爆釣中!vol.19

平成26年11月放送「エサを持たずに海釣り編」 エサは現地調達。 BBQに石投げ大会と完全なおふざけ回です。 お花にチョイス野郎誕生の瞬間を見逃すな!!

私立輝女学園KAGAJO.COM第1回

スターダストプロモーション芸能3部×J:COM女優育成プロジェクト「私立輝女学園」。第1回の授業はインプロ(即興劇)。即興力を鍛え、本番に強い女優を目指します!

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年8月28日号

《阪急・阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊》 ・憧れのホテルサービスをお届けしよう!(大阪市北区) ・世界に一枚だけのポスターを作ろう!(大阪市北区) きらら夏まつり(伊丹) 体感型防災アトラクション(西宮) 大庄中学校吹奏楽部 たそがれコンサート(尼崎) なるほど医学体験 HANSHIN健康メッセ(大阪市北区)

HYPER DASH基地#8【おたすけパーツが二人を救う!もうコースアウトなんてしたくないっ!!】

この世のどこかに存在するHYPER DASH基地。笑いあり!涙あり!レーサーに必要な情報あり!“ミニ四駆”にかけたあの頃の熱い想いを持った大人達必見!心のスイッチをONにするのは今だ!

ぎふでないと(だんだん)

番組紹介文 岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は弥生町にある「だんだん」にぶらり立ち寄ります。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立八千代西高校」

昨年夏の大会初戦にて、大差のコールドゲームで相手校を下し、 2回戦まで駒を進めた県立八千代西高校。 部員数が11人と少人数ですが、負けん気の強い3年生を 中心に勝ちにこだわる試合を目指すチームが仕上がりました。 この夏の大会は、3年生4人を軸とした打線で、 チャンスを確実に生かし、元島監督の采配の元、 足をからめたヒットエンドランやランエンドヒットからの 得点をものにする攻撃で、まずは1勝を目指します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.71.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.89.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 八戸 対 波崎

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】東京都市大学付属高校

世田谷区にある東京都市大学付属高校。24人の部員たちは独特のトレーニング法で、レベルアップを図ってきました。グラウンドを走る部員たちが履いているのは、地下足袋。現代の若者に不足している「地球からエネルギーをもらう感覚」を 養おうと、常に地下足袋で練習に臨んでいます。  ともにパワフルな打撃が持ち味で、守ってはバッテリーを組む2人のキャプテン・松岡選手と桑原選手を軸に、夏の大会では飛躍を目指します。