(株)広域高速ネット二九六

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立四街道高等学校

提供元:(株)広域高速ネット二九六

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉南高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立四街道北高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 千葉学芸高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 東金商業高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉東高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都市大学付属高等学校

今年は、選手たちの食事内容の栄養指導、メンタルヘルスチェックなどで体格改善を図った結果、打力の向上につながりました。過去最高の戦力で大会に臨みます。

タイラバレディース対決!後編

瀬戸内海を舞台にマダイのタイラバゲームをお送りします。 ゲストに、釣りガールりんかさんと、シーフロアコントロールのエミリーさんを迎え、瀬戸内海の大型マダイに挑みます!女性アングラーとの負けられない戦い! 前編・後編と、ぜひご覧ください。

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】駒場学園高校

世田谷区の駒場学園高校。夏の大会では2006年に東東京のべスト4に進出したのが最高の成績です。今年は32人の部員たちが、チームとして個人としてどうすればレベルアップできるのかを常に考え、高い意識を持って日々の練習に取り組んできました。俊足好打のトップバッター・越智キャプテンを中心に、飛躍を目指します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.98.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「大村工業高校」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「大村工業高校」 【制作局:おおむらケーブルテレビ(株)】

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】松蔭高等学校

守り勝つ野球が特徴の松蔭野球部。サードを守る主将の大久保選手、エースの飯泉選手を中心にそれぞれの選手、マネージャーが自分の役割を全うすることで松蔭野球部 史上最高の戦績を残します!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 都立科学技術高校 かえつ有明高校都立浅草高校連合チーム 】

江東区大島にある都立科学技術高校。 グラウンドでは、同じ江東区にある「かえつ有明高校」との連合チームが練習をしています。 2校は、2016年の夏に連合チームとして初出場しています。 そして、この2校にこの夏から新たに、今年創部した 台東区の都立浅草高校野球部が加わりました。 その浅草高校の選手として出場するのは、3年生の臺一慶選手です。 実は、このチーム、3年生は二人だけ。 もう一人は、チームのキャプテンで科学技術高校の3年生、宮下選手です。 浅草高校野球部としてひとりで大会に挑む臺選手にとって、頼もしい仲間です。

【完全版】2016高校球児の夏(荒川区、文京区、千代田区の球児たち)二松學舎大附属、日大豊山、錦城学園など15校たっぷり!

出演:我妻美月(オスカープロモーション) 紹介チーム 荒川区:開成、都立荒川工業 文京区:日大豊山、駒込、郁文館、獨協、京華、京華商業、筑波大附属 千代田区:二松學舎大附属、錦城学園、正則学園、東洋、都立日比谷、区立九段中等教育学校 THE青春!なOP映像にも注目!

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 帝京長岡 対 青森東

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ピックアップ

セナの週末トピックス 8~佐世保旅情篇~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して体験したことを紹介します。 今回は碇山アナウンサーの地元でもある佐世保市を紹介します。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】東高等学校

野球部の方針…明るくのびのび元気に野球をやろう。 どんな野球部…フルスイングやダッシュなど常に全力プレー ここは負けない…野球が大好きという気持ちはどこにも負けません! 好きな応援曲…SHOW TIME 主将の決意…秋・春の悔しさをバネにここまで練習をしてきました。全員野球でこの夏に全てをぶつけます。

おおむら湾水中散歩#7

長崎の里海大村湾はとても不思議な海です。 蝶閉鎖性水域と言われるまるで湖のようなこの海は 塩分濃度も低く冬には結氷することもあります。 そんな里海大村湾を見つめる水中観察家の中村拓朗さんと、不思議な海の生き物を季節と共に観察していきます 12月の大村湾

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】國學院大学久我山高等学校

春・夏あわせて5回の甲子園出場経験をもつ國學院大學久我山高等学校野球部。今年の久我山は「守りの野球」。失点を最小限に抑え攻撃へのリズムをつくることで試合の主導権を握ります。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】啓明学園高等学校

1年生が35人加入し、大所帯となった野球部。 高校まで野球未経験の主将が『一瞬入魂』をテーマにチームをけん引します。

STVニュースウォーカー0915放送「アジア大会セパタクローで銀メダル」

9月15日放送のSTVニュースウォーカーから、アジア大会セパタクローで銀メダルを獲得した須坂市出身の小林裕和選手をご紹介します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平西高等学校

小平市小川町にある『都立小平西高校』。 今年 野球部は46年目。 部員は1年生21人、2年生12人3年生8人の合わせて41人です。 独自のトレーニング方法を取り入れ送球力を高めてきました。全員で手堅く守り確実にチャンスをモノにしたいところ。 小平西野球部、全員野球で夏に挑みます!!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】慶應志木高等学校

慶應義塾志木高等学校の過去夏の大会最高成績は、1966年のベスト8。現在部員数43名で甲子園を目指しています。スローガンは「練習ハ不可能ヲ可能ニス俺たちはそれを証明する 挑戦」この言葉を胸に刻み、一戦必勝で粘り強い野球を目指します。

なるほど!聞きコミテレビ#29千鳥丘

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第29回:千鳥丘校下 テーマ「子どものころなりたかった職業」

福丸がゆく2018年8月13日放送 伊丹市緑ヶ丘

今回は、伊丹市緑ヶ丘を散策しました。 地元の皆さんの憩いの場「緑ヶ丘公園」からスタートし、 家族で力を合わせて切り盛りされている昔ながらのスーパーにお伺いしたりと、 たくさんの触れ合いを重ねました。