(株)秋田ケーブルテレビ

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#13-17】

提供元:(株)秋田ケーブルテレビ

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

5月26日・27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#13-17試合の模様をお届けします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#1-6】

5月26日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#1-6試合の模様をお届けします。

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#18-23】

5月26日・27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#18-23試合の模様をお届けします。

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#30-34】

5月27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#30-34試合の模様をお届けします。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 自衛隊体育学校 対 石見智翠館高等学校

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 遠野 対 共愛学園

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 水戸桜ノ牧 対 ふじみ野

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ぎふでないと(祥庵)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市住吉町にある「祥庵」にぶらり立ち寄ります。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】創価高等学校

小平市たかの台にある創価高校。 1968年に、創設され1972年に硬式野球部が創部しました。 過去夏の大会の最高成績は、甲子園ベスト8。 過去5回、甲子園の出場を決めています。 現在部員数は、 1年生21人、2年生17人、3年生13人の、合計で51人です。 練習は、放課後東大和市にある専用グラウンドに移動して行っています。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中工業高等校

東京都府中市若松町にある、都立府中工業高等学校。 1963年に、創立され翌年の1964年に硬式野球部が創部しました。 現在部員数は、1年生12人、2年生13人、3年生17人、 合計42人で夏の大会に挑みます。

オナガチャレンジin鵜来島

今月の我ら海遊人は、高知県宿毛市より年に1回の特別企画「尾長チャレンジ」をお送りします。今回は、ここまで惨敗続きのこの企画に終止符を打つため、海遊人軍団最強の布陣で臨みます!大型尾長の巣窟、鵜来島の水島2番を攻略することができたのか!?

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】桜美林高等学校

一人一人繋ぐ野球を意識していきます。総合的に失策と四球を絡めないよう全力プレーで一戦一戦、戦います。

あなたにおすすめ

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 追手門学院女子ラグビー部VENUS 対 チャレンジチーム

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】本庄東高等学校

本庄東高等学校野球部は1965年に設立され、現在は83人が所属しています。限られたスペースで効率的に練習を行うため、自分たちで毎日練習メニューを決めて取り組んでいます。意見を積極的に出し合う「心のキャッチボール」をモットーに練習に励んでいます。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】荏田高等学校(横浜市都筑区)

荏田高等学校(横浜市都筑区) スローガン・意気込み「挑戦」

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 県立市川工業高校

今年チームが掲げるスローガンは「笑顔」で、苦しい時も、いい時も常に笑顔を 忘れずに日々練習に取り組んでいます。 チーム全員で勝利をわかちあうことが目標という市川工業。 抜群のチームワークで部員一丸となって夏の大会に臨みます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】芝浦工業大学高等学校

去年の夏の大会は9人で挑んだ芝浦工業大学高等学校野球部。今年は16人と増え、チームの仕上がりに手ごたえを感じると話す古川監督。攻撃からリズムを作り、試合をコントロールすることを目標に掲げます。 チームの要であるキャプテンの楠選手はキャッチャーというポジションから、頭を使い状況に応じたプレーができる選手と評価も高く、チームをまとめる中心選手です。

ピックアップ

こんにちワッケンローShow<ワッケントークショー 有山 誠さん>

ロックンロールなたこ焼き屋さん「フトマル」を舞台に、店主とゆかいな仲間たちが番組作りに挑戦!人気番組への夢をかなえるベく立ち上がったエンターテイナー達の番組です。

ハザードラボ

週火曜と金曜にお送りしている「ハザードラボ地震」。キャスターの森田みいこ・梅田陽子が最新の地震予測や感染症など気になるハザード情報をお伝えします。

なるほど!聞きコミテレビ#62戸出七夕まつり

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第62回:戸出七夕まつり テーマ「七夕の願い事 何ですか?」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「創成館高校」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「創成館高校」 【制作局:諫早ケーブルテレビ】

夢の再現

都立橘高校 課題研究動画編集班 制作作品 高校生の皆さんが経験したことのあることをコンセプトに考えました。親友に彼氏ができてしまった私の心情を夢という形で映像にしました。辻褄が合わない、意味の分からない夢に悩まされる高校生のお話です。

ラビリンスから連れ出して(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 自分自身を自分にしているのはだれ?いま見ているのはなに?だれはなにを考えているの?

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立紅葉川高校

江戸川区臨海町にある都立紅葉川高校。部員数はマネージャーを含む総勢47人。去年、一昨年の夏の大会はともにベスト32まで勝ち進むなど、都立の強豪高です。チームのモットーは「明るく、楽しく、軽快に」。キャプテンの青木選手を中心に全員が積極的に声を出しチームを盛り上げます。大会を控えた今は、守備力強化を図りながら連携プレーの確認をするなど一つのプレーを大切にしています。エースはマックス135キロの右腕・小山選手。リリーフもエース級が揃い充実した練習を行っています。一方、攻撃面では、3拍子揃った好打者・浦野選手、キャプテンで長打力のある青木選手を中心に切れ目のない打線が勝利へ導きます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】星野高等学校

星野高等学校野球部の創部は、2012年。現在、93人の部員が日々、グラウンドで汗を流しています。創部5年目にして初めて「春の県大会」に出場しました。春の経験を選手たちの自信につなげ、守り抜く野球で、夏の大会は、1つでも上を目指します。

オトナはミナイデ! 2016年1月放送 #10

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2016年1月放送 #10 出演:岐阜美少女図鑑 あっか・しほ・かなみ・きょうか

CATCH UP #19 保護猫Cafe DearCat・かわかみらいふ 追跡取材

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は2016年7月放送『保護猫カフェ』と2017年3月放送『かわかみらいふ』のその後を「CATCH UP」! 捨てられてしまった猫を保護し、新たな里親との出会いの場を提供している『保護猫カフェDearCat』、猫好きのボランティアの方や保護した子猫をお世話をする方、里親になる方など様々な方々の協力があって運営されています。 取材から約1年半が経過し、保護猫を取り巻く環境がどのように変わったのかを追跡取材。 そして、川上村で2016年夏にスタートした住民自らが地域を支えるようと運営がはじまった『かわかみらいふ』。 住民が川上村で暮らし続けられるように、買い物支援のための移動スーパー運行・宅配代行事業、訪問見守りお助け事業など、生活に密着した様々な事業を展開しています。 取材後には、村内唯一のガソリンスタンドの運営を引き継ぎ、新たに燃料の供給も開始して住民の暮らしを支えるため運営を行っています。 今回は、『保護猫カフェDearCat』と『かわかみらいふ』の新たな動きについてお送りします。