ぼくは麻理のなか

©フジテレビ

この動画の視聴ならココ!

カテゴリーテレビドラマ
ジャンルコメディ・ギャグ
放送期間2017年10月17日 - 12月5日
話数全8話
制作国日本
制作会社フジテレビ
監督スミス横尾初喜戸塚寛人
キャスト吉崎麻理:池田エライザ / 小森功:吉沢亮 / 柿口依:中村ゆりか / 吉崎絵里子(麻理の母):西田尚美
外部リンク

あらすじ・ストーリー

友達が一人もいない大学生の小森功(吉沢亮)。唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行すること。いつものように尾行していた小森は突然気を失ってしまう。気が付くと、小森はベッドで寝ていて、尾行していた女子高生に入れ替わっていた。その娘は「麻理」という名だった。小森はなぜ、彼女の体と入れ替わったのか?麻理はどこに消えてしまったのか?

安全でない危険な海外違法動画サイトの一覧
  • Pandora TV(パンドラ tv)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • KISS ANIME(キスアニメ)
  • GOGOANIME(ゴーゴーアニメ)
  • Anitube Brasil(アニチューブ ブラジル)
  • ANIME TV
  • B9GOOD
  • Dramacool(ドラマクール)
  • miomio(ミオミオ)
  • 9tsu

この動画の配信状況

見放題
FOD(エフオーディープレミアム)

2週間無料

今すぐ見る
レンタル

サービスはありません

宅配レンタル

サービスはありません

配信なし
U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料

お試しする
Hulu(フールー)

2週間無料

お試しする
TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TV(ツタヤディスカス / ツタヤTV)

30日間無料

お試しする
music.jp(ミュージックジェーピー)

30日間無料

お試しする
クランクイン!ビデオ(crankin video)

2週間無料

お試しする
ABEMA(アベマ)

2週間無料

お試しする
dTV(ディーティービー)

31日間無料

お試しする
TELASA(テラサ)

30日間無料

お試しする
Paravi(パラビ)

2週間無料

お試しする
Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)

30日間無料

お試しする
dアニメストア(ディーアニメストア)

31日間無料

お試しする
DAZN(ダゾーン)

1ヶ月間無料

お試しする
Netflix(ネットフリックス)

無料期間なし

お試しする
見逃し配信
TVer(ティーバー)

期間限定

動画を検索
GYAO!(ギャオ)

期間限定

動画を検索
ニコニコ動画(Nアニメ)

期間限定

動画を検索

テレビドラマ『ぼくは麻理のなか』の動画配信を高画質で視聴するならフジテレビ作品の独占配信が楽しめるFODプレミアムがおすすめです。

FODプレミアム

※期間内に解約すると料金はかかりません

第1話 入れ替わり

友人作りに失敗したことが原因で大学にも行けなくなり、ゲームと自慰行為に明け暮れる青年・小森功(吉沢亮)。ある朝、功が目を覚ますと、ある<異変>が。鏡に映っていたのは、吉崎麻理(池田エライザ)という美少女。麻理は、功が行きつけのコンビニで度々遭遇し、「コンビニの天使」と密かに呼んでいた女子高生。彼は麻理のなかに入ってしまったのだ。「麻理」としてなんとか日常を過ごそうと奮闘する功。しかし、クラスメイトの柿口依(中村ゆりか)にだけは、外見は麻理だが中身は別人であることがバレてしまう。麻理のなかの功と依は、いなくなった麻理を探すため行動を共にするようになるが、謎は深まるばかりで・・・・・・?

第2話 告白

真相を探るべく麻理の部屋を物色する功と依。そこで2人は、功と麻理が度々遭遇していたコンビニのレシートや、功が古本屋に売ったはずのエロ本を発見する。麻理は功を知っていたのだろうか?その晩、吉崎家に泊まった依は寝たふりをしていた功に、かつて麻理に救われた出来事を語る。麻理と依は一体どんな間柄だったのか?翌日も手がかりを探そうと依と約束した功だったが、麻理の女友達に誘われ、遊びに行くことに。そこで功は、久しぶりに人と楽しく遊んだことで楽しくなってしまい、依を怒らせてしまう。2人でいる所を麻理の女友達、ももかにも見られてしまい、功は再び一人ぼっちに。そんな中、ももかの恋人ヒロキが吉崎家に押しかけてきて───?

第3話 麻理からの電話

ヒロキに強引にキスされた功。混乱した功は母、絵里子もいる中「僕は麻理さんじゃないんです」と告白。そのまま数日学校を休んでしまう。ふと思い立ち、自分のアパートに向かい、小森功の生活を覗き見る功。すると、そこには依の姿が。依は功に一枚の紙くずを見せる。それは、麻理がここで功を観察していた証拠だった。2人は小森功のアパートに押しかけて事情を説明するが、小森功は麻理のことなど知らないという。その晩、家に帰った功を待っていた父、徹と絵里子。絵里子は「麻理、一緒に頑張ろう」と訴えるが、次第に夫婦は功の目の前でお互いに責任をなすりつけ合う。「誰も私を見てない」・・・・・・その晩、功は麻理の体で自慰行為にふける。その時、一本の電話が。「・・・・・・あなた誰?私、麻理だけど」。

第4話 麻理の記憶

麻理からの電話があった翌日、久しぶりに学校へ行く功。女子トイレで依に昨晩あったことを報告しようする功。すると、入ってきたのはももか。何事もなかったかのように「仲直りしよう」と言うももかに、功は「私の友達は依さんだけだ」と言う。依に昨晩の出来事を報告した功は、2人で麻理の電話を待つことに。しかし、その道中なかなか戻ってこない依を家まで迎えに行くと、依の姉、茉里と遭遇する。姉の存在をよほど知られたくなかったのか、功を拒絶する依。その足で、小森功のアパートを訪ねた功は、小森功の自慰行為を手伝ってしまう。翌日、仲直りのため依は功を呼び出す。その時、功が知るはずのない麻理と依だけの秘密を口にして───?

第5話 謎の少女

「麻理さんは、中にいるんじゃない?」依にそう言われ、戸惑う功。そんな中、功を麻理だと信じて「付き合って下さい」と言い出す小森功。そんな小森功を「気持ち悪い」と拒絶する功。その一方、依の態度が一変。中にいる麻理に言うように親しげに「麻理」と呼ぶ依に対し、どこか寂しそうな功。その時、再び「麻理」からの電話が。何かを悟った功は小森のアパートに押しかけ小森を殴る。電話の声は、小森が作った偽物だったのだ。そこで功が麻理の手で小森の自慰行為を手伝ったことを知り、汚いと罵る依。そんな依に、なぜかキスしてしまう功。その晩功は、自宅で発見した幼い頃の麻理の写真を見て何かを感じる。脳裏に浮かぶ、「ふみこ」と呼ぶ声。そんな中、依が行方不明になってしまい───?

第6話 小森の失踪

無事、依を見つけ出した功。依への想いをはっきりと自覚した功は、依にその思いを伝える。再び麻理を探すことにした2人は、功が見つけた麻理の幼い頃の写真に写っている遊園地へ向かう。すると、写真と同じ観覧車の中、功の中にいるらしい麻理の記憶が蘇る。幼い麻理のことを「ふみこ」と呼ぶ祖母。そして、祖母の亡き後、ふみこの名前を「麻理」に変えた絵里子───全てを思い出す。「小森・・・・・・!」観覧車の中、気を失って功。しかし、目を覚ましたのは麻理なのか功なのか、依にもわからなかった。再び眠りについた麻理の体。その夢の中、小森を消そうとする麻理。夢から覚めた麻理の体は人形のように魂が抜け、その中には功も麻理もいないようだった。

第7話 混線する意識

空っぽになってしまった麻理の体。「麻理のなかの功、なんてあるわけない」小森功にはっきりと言われるが、それでも麻理の中の功の存在を信じる依。その一方、いつまでも空っぽのままの麻理の面倒を見ていた絵里子も限界まで追い詰められていた。依は吉崎家を訪ね、絵里子に「ふみこ」について問い詰める。顔を歪める絵里子。「ふみこ」から「麻理」に改名したのは事実だが、麻理は喜んでいたと言い張る絵里子。一方、夢の中で功とふみこに再び会い、ふみこを連れて消える麻理。目を覚ますと、麻理のなかに功が戻っていた。再会を喜ぶ功と依。その晩、一瞬だけ目を覚ました麻理は「柿口さん、小森くんと仲良くね」そう言い残して、再び消えて行った。

第8話(最終回) ぼくは麻理のなか

夢の中、功に「日記を見てごめんね」と言って再び消えた麻理。功との別れを恐れ、日記を読むことを躊躇う依だったが、功は一人、すでに実家に戻った小森のアパートを訪ね、一冊のノートを発見する。小森の日記だと思われるそれを携え、二人は小森の実家を訪ねる。小森功の生まれ育った街も家も、功にとって初めて見るものばかりだ。意を決して小森功の日記を読み始める依と功。そこには小森功の冴えない大学生活が綴られていた。功の中に蘇る、麻理の記憶。───日々、小森の様子を観察する麻理。小森の部屋に侵入し、日記を読む麻理。「・・・・・・ぼくは、小森、功」。麻理の中の功は、小森功を一方的に見ていた麻理が作り出した人格だったのだ。功の人格は麻理に別れを告げ、ふみこと共に消えて行った。小森の部屋で起き上がる麻理の体。「柿口さん、私と友達になってくれる?」依にそう言ったのは、確かに麻理。帰ってきた麻理と依は、かけがえのない友達となったのだった。

みんなの評価・感想

総合評価

0
0.0評価
星5つ中の0(評価の数 0)
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

評価・感想

まだこの作品の評価・感想はありません。最初に書いてください。

評価・感想を書く