アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

©荒井ママレ/コアミックス ©フジテレビ

この動画の視聴ならココ!

カテゴリーテレビドラマ
ジャンルドラマ・青春
放送期間2020年7月16日 - 放送中
話数第1話 - 放送中
平均視聴率放送中
制作国日本
制作会社フジテレビ
監督田中亮相沢秀幸
キャスト葵みどり:石原さとみ / 相原くるみ:西野七瀬 / 小野塚綾:成田凌 / 刈谷奈緒子:桜井ユキ / 羽倉龍之介:井之脇海 / 工藤虹子:金澤美穂 / 販田聡子:真矢ミキ / 辰川秀三:迫田孝也 / 七尾拓:池田鉄洋 / 荒神寛治:でんでん / 瀬野章吾:田中圭
関連記事
外部リンク
選択

あらすじ・ストーリー

葵みどり(あおい・みどり/石原さとみ)は萬津(よろづ)総合病院薬剤部で働くキャリア8年目の病院薬剤師。同じ薬剤部の刈谷奈緒子(かりや・なおこ/桜井ユキ)の指示のもと、羽倉龍之介(はくら・りゅうのすけ/井之脇海)や工藤虹子(くどう・にじこ/金澤美穂)ら病院薬剤師たちが、山のように舞い込んだ処方箋をひとつひとつ確認し、調剤、監査といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。ある日、そんな薬剤部に新人の相原くるみ(あいはら・くるみ/西野七瀬)がやってくる。人手不足に頭を抱える薬剤部にとっては明るいニュースだが、「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみ。薬剤部部長の販田聡子(はんだ・さとこ/真矢ミキ)がくるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たる病院薬剤師・瀬野章吾(せの・しょうご/田中圭)とみどりの姿を目の当たりにする。

安全でない危険な海外違法動画サイトの一覧
  • Pandora TV(パンドラ tv)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • KISS ANIME(キスアニメ)
  • GOGOANIME(ゴーゴーアニメ)
  • Anitube Brasil(アニチューブ ブラジル)
  • ANIME TV
  • B9GOOD
  • Dramacool(ドラマクール)
  • miomio(ミオミオ)
  • 9tsu

この動画の配信状況

見放題
FOD(エフオーディープレミアム)

2週間無料

今すぐ見る
レンタル

サービスはありません

宅配レンタル

サービスはありません

配信なし
U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料

お試しする
Hulu(フールー)

2週間無料

お試しする
TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TV(ツタヤディスカス / ツタヤTV)

30日間無料

お試しする
music.jp(ミュージックジェーピー)

30日間無料

お試しする
クランクイン!ビデオ(crankin video)

2週間無料

お試しする
ABEMA(アベマ)

2週間無料

お試しする
dTV(ディーティービー)

31日間無料

お試しする
TELASA(テラサ)

30日間無料

お試しする
Paravi(パラビ)

2週間無料

お試しする
Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)

30日間無料

お試しする
dアニメストア(ディーアニメストア)

31日間無料

お試しする
DAZN(ダゾーン)

1ヶ月間無料

お試しする
Netflix(ネットフリックス)

無料期間なし

お試しする
見逃し配信
TVer(ティーバー)

期間限定

動画を検索
GYAO!(ギャオ)

期間限定

動画を検索
ニコニコ動画(Nアニメ)

期間限定

動画を検索

テレビドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の動画配信を高画質で視聴するならフジテレビ作品の独占配信が楽しめるFODプレミアムがおすすめです。

FODプレミアム

※期間内に解約すると料金はかかりません

第1話 知られざる病院薬剤師の医療ドラマが誕生!(視聴率:10.2%)

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみはついて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。そんな時、みどりは産婦人科医・林(飯田基祐)の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。

第2話 薬剤師は薬を渡して終わりじゃない(視聴率:9.8%)

調剤室に走り込んで来た販田聡子(真矢ミキ)は薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。刈谷奈緒子(桜井ユキ)は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合わせ、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べる。そんな中、葵みどり(石原さとみ)は入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると“父親”だと答えるが何か事情がありそう。すると病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

第3話 俺はあんた達とは違う(視聴率:8.8%)

葵みどり(石原さとみ)と相原くるみ(西野七瀬)は救急センターの処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から呼ばれ、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝っていた。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりが落ち着かせる。調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)がなだめる。みどりとくるみが、新田に服用している薬について尋ねると紙袋から大量の薬が出てきた。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。錠剤を割る処方は、その薬剤で行なってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりが声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。どうやら、小野塚は病院薬剤師を嫌っている様子で・・・。

第4話 薬剤師が患者を救う事だってできる(視聴率:10.6%)

葵みどり(石原さとみ)と小野塚綾(成田凌)が中華料理屋『娘娘亭』で食事をしていると、店の扉を開けて入ってくる辰川樹里(久保田紗友)。父であり店主の辰川秀三(迫田孝也)が「おかえり」と言っても、無視して奥の部屋に入っていく。みどりは顔色が悪かった樹里を心配するも、父である秀三は「年頃の娘ってのは困っちゃうよね」とあっけらかんとした様子。しかし後日、樹里は意識を失い、萬津総合病院へと搬送される。駆けつけた秀三は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。樹里の環境変化を気にかけるみどりに、秀三は樹里の祖父・辰川太一(伊武雅刀)が、末期の胃がんで萬津総合病院に入院していることを教えた。一方、車の事故によるむち打ちで萬津総合病院に入院している羽倉龍一(菅原大吉)に薬剤部一同は騒然とする。薬剤部のムードメーカー・羽倉龍之介(井之脇海)の父親だったからだ。付き添いできている龍之介の母・羽倉志帆(宮田早苗)は、夫・龍一の入院をきっかけに、息子との久しぶりの再会を喜ぶが、龍之介はどこか浮かない表情。志帆は、龍一の入院先を萬津総合病院にしたことを、龍之介に事前に伝えていなかった。「こうでもしないとお互い会ってくれないでしょ?」と言う志帆に、薬剤部の中ではいつも明るい龍之介が「余計なことするなって!」と声を荒らげる。

第5話 第二の患者(視聴率:9.4%)

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、秀三は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話に行く。みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。しかし、医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3カ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。秀三と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。太一は家族との話し合いで治療を決めた。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出た。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。命の現場で薬剤師がみた現実は・・・。

第6話 病気に大きいも小さいもない(視聴率:9.7%)

葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。指導を終えたみどりたちが帰ろうとすると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は、萬津総合病院に搬送され入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答える。その後、処方された薬を指示通りに飲む早苗だが、一向に体調が良くならない。悩むみどりに薬剤部・副部長の七尾拓(池田鉄洋)は、早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑う。みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。一方、生理痛がひどく、萬津総合病院の外来にやって来た遠野倫(山谷花純)。薬剤部主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示で、くるみは遠野を相手に、初めて一人での服薬指導をすることに。上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。その後、遠野から体調が改善しないとの電話を受けるくるみだったが・・・。

第7話 やれる治療があるだけマシだから(視聴率:9.3%)

葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れみの。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。みどりたちは古賀のもとへ向かう。その時、心春は体調の異変を感じていた。

第8話 最後まで看る(視聴率:9.3%)

葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事になった。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得出来ない。ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から一名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。みどりが研修するのは在宅医療に特化した『笹の葉薬局』。みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていた。笹の葉薬局代表の仁科敦夫(東根作寿英)は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

第9話 自分が生きていた証(視聴率:9.6%)

瀬野章吾(田中圭)が葵みどり(石原さとみ)の目の前で倒れた。救急センターに運ばれ豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻す。詳しい検査を受ける事になった瀬野は付き添って来たみどりに、仕事に戻るよう指示した。翌朝、萬津総合病院には瀬野が倒れたという噂が広がり、調剤室にも伝わる。が、いつものように顔を出した瀬野は逆流性食道炎だったと仲間たちを安心させる。そんな瀬野に刈谷奈緒子(桜井ユキ)は静養した方が良いと忠告。同意した瀬野は、みどりに救急センターの手伝いを頼む。その後、瀬野は販田聡子(真矢ミキ)に瑠衣から肺に腫瘍の疑いがあると指摘されたため精密検査を受けると報告。瀬野に救急センターから急患の呼び出しが入る。搬送されて来たのは若月陽菜(徳永えり)。みどりと瀬野は陽菜の所持品から抗不安薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。処置にあたっていた瑠衣は、みどりに薬袋の調剤薬局に連絡して陽菜への処方歴を確認するよう頼んだ。すると、やはり陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが、みどりは反抗的な陽菜にからかわれてしまう。瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。

みんなの評価・感想

総合評価

0
0.0評価
星5つ中の0(評価の数 0)
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

評価・感想

まだこの作品の評価・感想はありません。最初に書いてください。

評価・感想を書く